本物とは何かⅡ


こんばんは 副住です。

築地の教務所の関係で、昨日から箱根で会議をしてました。

その関係で、更新が遅くなりました。

さて、続き。

私が大学院(修士課程)の1年目のある時のこと。

その頃は、毎日猛勉強。仏教とは何を説いているのだ

ろう?と。毎日それを求め、勉強をしていました。

そんなある朝のことです。

朝、目が覚めて上半身を起こし、少しだけボーっとして

いた、まさにその時。突然。

目に見える景色は普段と全く変わらないのですが、

感じ方(受け止め方というのか)が全く異なる世界。

突然、そのような世界に触れることとなります。

目に見える全ての物が、遥か昔から繋がってきていて、

それぞれが関係していて、その果てに今ここにある。

だからこそ、それぞれがとても尊くて、それぞれの関係の

中に「私」が包まれている。しかしその「私」は意思をもち

その尊さの中に溶け込めないでいる。縁起の中にありながら、

縁起に溶け込めない私がいる。

凄すぎる有難さと、猛烈な自分の情けなさとに身体の置き場所

すら見つからない状況に。

私が寝ている床さえも貴重で尊い世界。

そこに私の愚かな存在が横たわらざるを得ない状況。

上手く説明できませんが、感覚というか、そう感じる瞬間が突然

やってきたのです。もう涙はボロボロ溢れ出るし、頭が下がるし

身体はひれ伏すかのように、脱力と言うか、

有り難い世界の中に、私の愚かな身を、どこに置けばよいのか

迷うというような、もうひれ伏すしかないような、

そんな状況となってしまったのです。

(私は五体投地が良く理解できました)

五体投地は、そのような特別な状況に触れ得たら、

必然的に身体がそうならざるを得ない、

一種の身体表現だと思っています。

私のこの経験は時間にしても3分くらいの出来事

だったように思います!?そんなに長くない。

(計ってないからわからないけど)

ちょっとオカシイでしょ!?だから他人には言わなかったのです

完全にイってしまったかのようですもんね。

自分でもわかってます

そもそも、人に分かってもらおう、なんていうものではないので

す。個人的な宗教経験だけでいいのだと思ってます。

その有難い世界が、これまで勉強してきた「仏様の働き」だと

私が頷けた瞬間でした。頭だけでは理解ができなかった世界。

私の場合、この経験があってから、仏教が、浄土真宗の教えが

以後スーっと入ってくるようになりました。

もちろん、だからといって、仏教の全てがわかるというほど、

簡単なものではありません。でも、一番肝要な部分に頷かされる

出来事でありました。

私は、「私」という世界を超えた世界を納得させられたのです。

 

 


本物とは何か


こんにちは 副住です。

本物とは何か?

これについて、連載をしていこうと思います。

私が20年ほど前に経験した「本物」についての

ヒントがあります。

まずは、その当時の私の状況を過去のブログに

綴っていたので、今日はそれのご紹介です。

因みに、本論には来月頭から入ろうと思っています。

お寺を継ぐ・・・副住職の転機

この続きもあります。

お寺を継ぐ・・・副住職の決心

上記二つの内容が、当時の私の状況でした。

特に後者の経験の中身について、これまであまり語ってこなかっ

たことなのです。今回は綴ってみようと思います。


序章


おはようございます。副住です。

随分前にAIについて取り上げました。

AIによって仕事が奪われる。その時、人間の存在意義は?

その後、放置状態でしたね。すみません。

今日から数日は、上記の件とも大きく関わる内容を綴ろうと

思います。

またもや連載です。

どのような内容かと言えば、「本物とは何か」ということについ

て掘り下げようと思っています。

なかり深いところまで内容がいくと思っています。

数日は、ご勘弁ください。

この「本物」ですが、日本文化の中でも非常に大きな影響を与え

てきたものだと思ってます。現代はむしろ、「本物」が難しい

時代。

私は以前から自分の内に秘めてきた事柄があります。

ある不思議な経験をしたのです。

怪しい経験ではなくて、宗教経験です。

それは周りに話してもわかってもらえないだろう。

どうせ変な人と思われるだけ。と思ってきたので

話すことを控えてきました。20年近く。

しかしこの2年ほどで、全く分野の違う2人の方が

私の経験と通じるような話題をしてくれました。

そんな話をしてくれた方、これまでの私の人生の中で2人だけ

です。そこから、私の考え方も変化してきました。

これまでは、「どうせ話しても理解してもらえない」という

考え方から、お二人(お二人は全く分野が違う人)とお会い

し、お話しを伺ったことで、生き方を拝見させてもらうことで

「本物は、伝えていかないといけない」という責務みたいな

生き方を教えてもらったからです。

今から思えば、私はある意味「本物」と向き合わないように

してきたのかもしれない。疲れるから。

「本物」がわかった!けれども、「本物に生きる」ことから

逃げてきたのかもしれない。

「本物に生きる」ことは、自分の全てを全力投球することに

なります。そこには妥協などあり得ません。

一瞬一瞬を全力投球なのです。疲れません?そんな生き方。

でも、「本物」に正面から向き合ってしまったら、

必ずそうなります。それがわかるから、逃げてきました。

逃げてきたけど、やっぱり疲れる人生ではありましたけど。

ただ、今以上に向き合うことが怖いのです。

真正面から向き合ったら、たぶん常人ではなくなってしまいそ

う。世間とかなりズレちゃうんだろうな。と想像できます。

でも、そろそろ真正面から向き合いなさい!という環境が

私が望んでいないのに、あっちからやってきているのです。

私が甘えん坊なのを見越して、20年近く待っていてくれた

けど、そろそろいいんじゃないかって、あっちからやってきてる

んです。そもそも見越されているんです。

だから、自分ではわからないけど、もうそろそろ逃げるのも

ダメなのでしょうね。タイミングなのでしょう。

もうどうにも・・・

 

 

 

 


築地本願寺 研修会


こんにちは 副住です。

昨日は朝から築地で、ブログ更新ができずじまい・・・

今日はありませんが、一昨日、昨日、明日と明々後日

私は築地本願寺において、研修会の講師を急遽務める

こととなりました。

内容は、浄土真宗の考え方(教義)に対する研修です。

11月から始まる築地本願寺の新たな部所で受付など

関わる方に向けた研修会です。

昨日は初めて新しい建物の会議室にて、研修会を行いました。

トラックの奥に見える建物です。

写真では切れてしまってますが、一番右側に研修室があります。

内部からのショット

研修生を写さないように、部屋の後ろ側を撮影しました。

ガラスの奥に、築地本願寺が見えます。

まだこの建物は入れません。もう少しで完成しますが。

昨日は特別に、この研修室を使用し、研修致しました。

私にとっては、この研修室の第一番目の講師ということで、

何か、嬉しかったです。私にとっても記念になりました。

別にどうでもいいことなのですが。

仏教の目的とは・・・? 親鸞聖人が明かされたこととは?

浄土真宗ではどう考えているのか? その特徴は?

など、基本的な事柄をお話し、一時間ばかり研修を行いました。

その後、K講師が登壇し、築地本願寺の沿革などの研修です。

3時間ほどありました。

この研修は、4日設けられており、参加者は異なりますが、

関係者に受講してもらいます。大きな間違いが起こらない

ように、最初は基本的な事柄を研修で学んでいただきます。

 


スリーデーマーチ 20キロコース


おはようございます。副住です。

今日は良い天気となりました。

昨日は西照寺で研修会がありました。

埼玉県内にある浄土真宗本願寺派のお寺の

方が来られて、西照寺で研修を行いました。

その為、前日から準備などをしていたのです。

ようやく、研修会も終わったので、一安心。

しかし、これから連日私は築地に出勤なのです。

今月末まで、毎日築地です。土曜日だけ行かなくてよい。

そのまま、11月に突入したら、11月2日と3日に

「西照寺文化財鑑賞会」が開催されます。

なるべく多くの人に、文化財に触れていただき、何かを

感じてもらえたらと思っています。

同時に、きちんと管理しなくてはいけませんので、気を使います

特に11月3日は、東松山市で毎年行われるスリーデーマーチ

という歩く世界大会があり、コース上に西照寺前があるので、

幟をたて、見に来てもらえるように考えているのです。

今年からの鑑賞会なので、どのような反応になるのか

全く予想できませんが、だいたい考えているよりも

上手くはいかないものですから、厳しく想定しています。

今年は様子見という感じで、数人来て下さればよいなと考えてま

す。

 


集まることの大切さ


おはようございます。副住です。

昨日は、自坊で作業をしておりました。

疲れました。

作業が終わるや、夜ご飯にうどんを食べにいきました。

一家で行きました。丸亀製麺です。

食事を終えたのが、18時半ごろでした。

その後、私はそのままJC会館に行きました。

スタッフ会議が19時半から予定されていたからです。

一時間近く前から会場に入り、未確認だった議案などに目を通し

ようやく会議突入。

私は12月で監事を辞するので、JCの会議も残り2~3回。

すでに1回は欠席(築地の行事と被っており、行けない)です

から、2回ほどでしょう。

そんなこともあって、最近は意見も言わないで見守り体制を敷い

ています。もちろん、最後までガンガン厳しいことを言っても

よいと思いますが、私の認識はちょっと違っていて、

「あれ!?最近ガンガン言わなくなったぞ!?」と感じてもら

い、その後、「何で言ってくれないんだ!?」と思ってもらい

それなら、「俺が言わなきゃ!」と思って欲しいのです。

今の私の役割は、生意気かもしれませんが、出された意見に対し

私が納得させられる意見が多いかどうかのチェック。

的外れな意見がでないよう、監視役です。

昨日は、監事講評のお時間をいただいたので、感じたことを

話しました。要は「集まることの大切さ」を話たわけです。

そうして、会議が定刻に終わりました。

やった!定刻に会議が終わった!早く帰ろう!!と思い

帰ろうとしたその時・・・「監事、行きますよ!」

「毎回すぐに帰るんだから」

「何、しれーっと帰ろうとしてるんですか!」

「今、講評で顔を合わせることの大事さを言ってたでしょ!」

「自分の発言に責任をもってくださいよ!」次々と・・・

・・・監事講評を失敗した!と思わされた瞬間でした。

私はいつも、はやく帰りたいのです。

しかもJCの仲間たちは、私の発言を覚えてくれているのは

嬉しいのですが、どういうわけか、悪智慧が働くというか、

そこだけは頭の回転が速いというか。

そんなことを言われ、監事なのに、監事の威厳も通じなく・・・

そのまま、食事と称する宴に半ば強制的に連れられていきました

22時過ぎてるのに「全くこの団体は馬鹿なんじゃないの?」と

正直いつも思います。私はこういう流れって嫌いなんです。

面倒くさい。でもとても大事なことなんです。

嫌いではありますが、認めているの。こうなることも。

私は誘われなくても、全く構わないのです。むしろ嬉しいくらい

なのですが、誘われるということは有難いことです。

声かけてくれる、誘ってくれる有難さを、どっかしらで感じて

いるから、付き合ってしまう自分のいます。

正直、面倒だし嫌なのですが(笑)。

でもそれでもいいですね。そんなこんなで、24時を過ぎて

ようやく帰ってこれました。

そうそう、JCは然程お酒を飲みません。

むしろ、食べる。どんどん太る。だから嫌なんだよ。


築地本願寺 


おはようございます。副住です。

昨日は台風の影響で、遅れはしたものの

築地に出勤できました。

築地に到着した時には、台風一過。

気温も高く、晴天でした。

昨日の築地の境内の様子です。

新しく建てられている納骨堂と、カフェなどが入る建物。

未だ工事中ですが、11月7日には完成しております。

昨日、私も関係者となる為、中に入れていただきましたが、

最終段階でした。細かな作業がなされていました。

これとは別に、築地本願寺の本堂の建物内の一階部分。

これまでは、ある部所の部屋であり、休憩所であり、東青僧の

部屋であった部分が、一つとなり、リニューアルされていました

築地本願寺の外見とマッチするようなリフォームになってます。

リフォームしている最中、壁を外したら、築地本願寺建築当初

の扉がでてきたというのです。写真の左側の緑の扉です。

とても雰囲気がある、扉でした。

私も「こんなところに、こんな扉があったんだ!」と驚きまし

た。これまでは、白壁に上に、大きな絵が掲げられていた

部分です。

因みに、築地本願寺の建物に詳しい方しかわからないでしょうが

この場所は、外の正面の大階段の裏側にある部屋です。

この扉の正面方向には、自動販売機があって、自動ドアがあり

スロープがある場所です。車イスの方が入れる場所。

絨毯とライトが、以前とは異なります。

もちろん、場所も拡張されています。

因みに、この写真では、キャタツの向こう側に扉があるのですが

扉の向こう側が、元東青僧室です。壁をぶち抜いて一体にして

あります。とても広く、雰囲気がある部屋となっています。

こちらが、納骨堂の受付となるようです。


防災連絡?


こんにちは 副住です。

今日は築地に出勤の日なのですが、台風の影響で、

遅れての出勤です。

今朝の3時に、突然携帯が鳴りだして起きてしまいました。

東松山市を流れる、ときがわが危険水域に達したという連絡

というか、防災連絡が入ったことによるものでした。

寝ている最中、鳴り続けるので、驚いて目が覚めてしまいました

でも、このような防災連絡は大切なことです。

西照寺は、ときがわから離れているので、影響は全くありません

が、というか、西照寺の近くを流れる川がないので、河川の氾濫

によって、流される危険は全くありませんが、崖崩れの恐れは

ありますので、このような連絡は大切だと思いました。

寝ている間は、外の状況もわからないし、室内にいると、

外が大変な状況だったとしても、気づかない場合さえあります。

だからこそ、このような連絡は、たとえ寝ている最中であっても

驚かせてしまったとしても、とても重要だと思います。

たいしたことないのに、あまりに、頻繁に鳴っているのは困りま

すが、最近は昔と違ってあり得ないことが起こるので、

是非とも今後も国民・市民を守る為に

続けてもらいたいと思います。

 


台風


こんにちは 副住です。

昨日のJCの例会です。プリーツで行いました。

会場入り口は、このようにパンプキン(ジャックオーランタン)

?のようなカボチャのお化けで飾られ、子ども達も喜びそうな

感じになってました。周りには、たくさんの風船も。

中は、仮装したメンバーや参加者が大勢。

まさにパーティーでした。

さてさて、今日は台風の影響で雨。

西照寺では、ご法事も勤まっていますが、本格的な雨の時は

やはりお墓に参るのが大変になりますね。

ご門徒さんにが気の毒なような、でも天気だから仕方ないような

今回の台風は大きいようなので心配ですが、影響がなければいい

と思います。被害などが無いことを、ただただ念じます。


ご法事とJC例会


こんにちは 副住です。

今日は土曜日、ご法事がありました。

西照寺のご法事は、多くがご本堂で勤まります。

しかし、稀にご門徒のご自宅や霊園に呼ばれて

ご法事を勤めることもあるのです。

今日はそれに該当です。練馬区のご自宅まで

寄せていただきました。ご自宅のお仏壇の前で

ご法事です。このようなご法事も大切なんですよ。

お仏壇の前!のご法事。

その後、西照寺に戻ってご法事を勤め(間に合った)、

その後、すぐに今日は比企青年会議所の例会

があったので、途中参加してまいりました。

愛心育成委員会が手掛けた例会。

「ハロウィンパニック」です。

愛心育成委員会とは、内実は人材育成を担当する委員会の

今年の名前。ですから、例会の目的は、メンバーを主とした

人材育成(もちろん、地域の人材育成の例会の場合もあります)

でした。今日は、メンバーとその家族、そして昔からお手伝い

いただいている大東大のダンスサークルの有志の皆さん

(心はメンバーだと思っています)と共に、パーティーを

しました。そのパーティーの中で、出し物をしました。

出し物をする為に、この企画を理事会で審議上程し、それが理事

会で通過した直後から、家族も含めたJCメンバーを3班に振り分

け、チーム編成を行い、各班が例会までに練習をしたり、

出し物の完成度を高める! それはそれはこの忙しい最中に、

学生みたいなことを行い、共有する時間を増やすことで、

家族を含めたメンバー間のコミュニケーションを深め、

絆の大切さを学ぶことを目的としたものだったのです。

今日がその本番。皆を巻き込んで、正直JCでどこまで一体感が

持てるのか、それを試した例会でもあったと思います。

普通であれば、そんな無駄な事して!と思われるかもしれません

暇な人たちだな!と思われるかもしれません。

しかし、正直猛烈に忙しいメンバーが、頑張って時間を作って

どこまでできるのか、どこまでメンバーが纏まることができるの

か、そもそも纏まろうと意識が一致できているのか!?

などなど、これまでの活動を踏まえ、一歩先に進めるのか、

進むつもりがあるのか、そのような事を本気で考える機会に

この例会が、その切っ掛けとなったのではないだろうか!?

と思いました。この例会で終わりではなく、この例会をどのよう

に持ち帰るのかが、とっても大事です。比企JCのOB、Uさん

このブログをまだ見ていたならば、絶対食いつきたくなるくらい

熱い時期となっているんですよ。このまま冷めていったりして。(笑)