admin のすべての投稿

風邪


皆様 こんにちは 住職です。

最近、朝晩めっきり寒くなりましたね。
空気も乾燥しており、風邪に気をつけねばなりません。

実は孫が風邪をひいたもようで、朝からお医者様にいきました。
咳がひどいようです。はやっているようです。
皆様も、お体ご自愛ください。


築地本願寺


こんにちは 副住です。

3日連続となりました。
本日早朝より、本願寺築地別院にまいりました。
報恩講に出勤させてもらいました。

築地別院のご本堂は現在、お内陣が修復中でございます。
従いまして、仮の内陣にて法要が行われました。
内陣に入り、正座をしたとたんから、動かないよう気を張ります。

お参りが終わり、退堂する際、足がしびれて立ち損ねましたが
そこは気合いで乗り切りました。
最近は、気合いでもどうにもならなくなってきましたが・・・

本日の築地別院の外観です。


報恩講


こんにちは 副住です。

今日から本願寺築地別院にて報恩講が勤められております。
報恩講というのは、宗祖、親鸞聖人の亡くなった日(ご命日)にあわせ
勤められる法要なのです。親鸞聖人は11月28日(旧暦)にお亡くなりになられました。
それを新暦になおすと、1月16日になりました。従って、京都のご本山(西本願寺)では
1月16日にあわせ法要が勤められております。
1月には、全国の皆さんがご本山に参拝できるように、各お寺では、1月をさけて報恩講が勤められています。
そのような理由もあって、築地別院では11月に行われているのです。
因みに西照寺では、旧暦の通り11月28日に勤められています。

さらに因みに、東本願寺も11月28日に勤められます。

私は明日、10時からの法要に出勤させていただきます。
8時半前には現地に入っていないといけませんので、
朝早くから出ないと・・・朝は高速が渋滞するので、余裕をもって、
出発しようと思います。

もっと築地に近ければいいのにと思うこと、しばしばあります。


懐かしい車


こんばんは 副住です。

昨日は東京のお寺様でご法話をさせていただきました。
道中、懐かしい車をみつけました。
そこで、一枚。
最近は都会では、あまり見かけない車となりました。
ナンバーも他県。埼玉でもなかった。

だいぶ前にこのような車、はやってましたね。
見たことあります。

後ろのガラスすべてが覆われてありました。
なんだか仮面ライダーとか、戦隊ものにでてくる形でした。

さて住職、お土産がないとは・・・
僕は、カラン(菓蘭?)の鴨川チーズケーキが良かったのに。


ご本山参拝


皆様 こんにちは 住職です。

昨晩、京都より帰宅いたしました。
ご本山では、ご法要が盛大に行われております。
私も、僧侶として衣を着用し、出仕させていただきました。
老僧となりつつあるようで、席は椅子が用意されておりました。
私の両隣も、東京のお寺のご住職。私よりも先輩でしたので、恐縮してしまいました。

忙しない日々ですが、そんな気分を忘れさせてくれた、ありがたい参拝となりました。

先に言っておきますが、お土産はありません。


池上彰の宗教がわかれば世界が見える


こんにちは 副住です。

昨日は『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』という本を読んでいました。
久々に、ゆっくりした時間がもてたので、完読できました。

私が考えている問題(お寺のあり方や葬儀の在り方)についても触れられていました。
しかし、残念ながら問題を打開する核心には触れられていませんでした。
ただ、この本はわかり易く書かれてある(対談によっては、難しい個所もありますが)と思います。
さすが池上さん。池上さんの見識の広さには圧巻です。

さて、東京大学の教授である末木文美士(すえき ふみひこ)先生の本で
『日本仏教の可能性』という本も興味深く読んでいます。
こちらは、さすが東大教授!といいたくなるほど、新しい視点から語られているところがあります。
こちらもわかり易い本です。

住職、こちらはゆっくりと有意義な時間を過ごせましたよ。
あと一日お寺に帰ってくるの延ばしてもいいですよ!


親鸞聖人750回大遠忌


皆様 こんばんは 住職です。

今日は遅くなってしまいました。
明日から一泊で、京都の本願寺にお参りにまいります。
親鸞聖人750回大遠忌の法要に参列いたします。
普段、私たち僧侶でも、ご本山の内陣に入ることは、ほぼありません。

この度のご勝縁にあわせていただき、貴重なお参りをさせていただくことができそうです。
私が出勤させていただく法要は明後日です。
皆様もお参りいたしましょう。
それでは、いってきます。

留守は任せますよ!副住。


護美箱


こんにちは 副住です。

住職、昨日はすみませんでした。
ゴミ掃除をしているとは気がつきませんでした。
気付いた時には、終わりかけ・・・

さて、昨日のブログはゴミ箱というテーマだったので、ひとつ思い出したことを。
もう10年ほど前になりますか、私がまだ京都に住んでいた時の話です。

秋に友人が遊びにきたので、共に観光しにまいりました。
場所は嵐山の天龍寺です。お寺の境内に入るや、落ち葉一つない
とても手入れがなされた空間に驚かされました。

“きれいだな”と一言。すこし歩くと、ゴミ箱がみえました。
ゴミ箱には張り紙がしてあり、護美箱と書かれてありました。

なるほど。この箱が境内の美しい空間を護ってくれていたのか!
中を覗くと、落ち葉や紙くずなどのゴミが入っておりました。

消費社会の日本では、当然の如くゴミは邪魔者として扱われています。
しかし、よくよく考えると、ゴミがあるから“汚れ”に気付き“汚れ”があるから反対の“美しさ”が分かるのでしょう。
「美しさを護る箱」その陰にはゴミという“汚れ”が隠されてあるのです。
本当の美しさがわかるのは、ゴミという陰にも視点が注がれた時でありましょう。
その時、ゴミはお陰様として頂けるのです。


ゴミ掃除


皆様 こんにちは 住職です。

今日は、とても良い天気で、すがすがしい一日でしたね。
そんな陽気に誘われて、浄苑のゴミ掃除をしました。
浄苑内に多数設置してあるゴミ箱の袋を取り出し、
軽トラック一杯に乗せて、クリーンセンターまで運んできました。

5000円位かかりました。ゴミを処分するだけでも、大変なのです。
副住も最後に手伝ってくれました。もっと早くから手伝って欲しかったです。


天気


皆様 こんにちは 住職です。

今日は小雨がぱらつく天気ですね。
スリーデーマーチの日は毎年、雨がふる日があります。
ここ数年最終日に雨がふることが多いような気がします。

スーリーデーマーチに参加されている方々にとっては、
また東松山市にとっても、この日に雨が降るのは望まれないことでしょうね。
市民目線からも、皆さんに楽しんでもらいたいと思えば、晴天のほうがいいと思ってしまいます。
しかし、雨が降らねば降らないで困ってしまいます。

私たちは自分の都合にあわせて、天気の良しあしを考えてしまいます。
しかし天気は私たちの都合に合わせてくれません。

自分の都合によって、天気の良しあしに一喜一憂するのではなく、
ありのままの天気をいただける、そんな心の平穏さがほしいものです。