admin のすべての投稿

京都の本願寺へ


皆さま こんにちは 住職でございます。

昨日の日記をみましたが、写真と文字のバランスがとれていません。
見づらいですね。副住の嫌がらせでしょうか。

さて、昨日から京都のご本山では報恩講が修行されております。
16日までです。この報恩講で、親鸞聖人750回大遠忌法要が終了することとなります。
毎年ご本山では9日から16日まで報恩講が勤められており、今回の報恩講で親鸞聖人がご往生され
750年経つということです。その機縁に与り、今回の大法要が一年かけて修行されてきたのであります。

西照寺でもご門徒と団体をくみ、約30名くらいだったと思いますが、昨年の9月にお参りさせていただきました。
とても感動的な法要でした。
副住は、最後であるからとの理由で今日から13日までご本山にお参りに行くと言っておりました。
何でも次の大法要は50年後とのことで、もう生きていないかもしれないから 今回行っておかないと
と話しておりました。
50年後はともかくとして、人間いつ死んでいくのかはだれにもわからないことですからね。
行ける時に行っておいたほうがいいでしょう。
こちらはお任せください。寛大な父より。


西照寺で雅楽を


おはようございます。 副住です。
一昨日の雅楽の夕べ画像を先方の支配人さんよりお送りいただきました。
どうかな添付できますかね。

聴衆の方があまり写っておりませんが、約30名ほどおられました。

普段はカフェやバーとして使われているお部屋だそうです。暖炉もあって、なかなか趣のあるお部屋でした。

さて、西照寺でも雅楽をしないかというご提案をうけております。
検討してみてもいいですね。
その時は、ご連絡させていただきます。
その前に・・・企画ですね(笑)


花和楽の湯さん(小川)にて雅楽の調べ


こんにちは 副住です。

昨晩、雅楽の夕べという企画をやってまいりました。
現地に入ると、入場のお客様は予約で受け付けたとわかりました。
これを見て当日に駆けつけてくださった皆さん、本当に申し訳ございませんでした。
(住職ごめんなさい)

雅楽の演奏は、間に小話をいれて約1時間
3曲を演奏させていただきました。
ただし、私は司会。(笑)
皆、僧侶の衣装で雅楽を演奏しました。
聴衆の方はとても熱心に聞いてくださっておりました。
やってよかったな!というのが感想です。
本当は携帯で写真を撮る予定でしたが、そうもいかず、撮れずじまい。
もし、先夫より画像をいただけたら、その時にアップいたしますね。

雅楽の演奏後、お食事をだしていただきました。
ごちそうさまでした。

あ!これだけはお話しておきますが、全てボランティアです。
お礼はご飯をごちそうになったのと、お風呂券を2枚(一人)いただきました。
チケットは嬉しいです。ありがとうございました。


お正月 雅楽の演奏


皆さま こんにちは 住職でございます。

本日より3連休。お寺は休みはありません。
寒いですので、温泉もいいですね。

さて、今日は副住が小川温泉花和楽の湯にて
新春雅楽が夕べ という雅楽の演奏会をするようです。
お寺にご案内状を貼ってました。
聞くところによると 温泉のお客さんにお正月の雰囲気を味わって
もらいたいと企画されたものらしいです。

私も笙(鳳笙)を以前吹いておりました。今はやめてしまいましたが。(お金に困ったので、売ってしまったのです)(悲)
懐かしくおもいますね。
時間は19時から行うようです。
確かに、お正月の気分が味わえることかもしれませんね。
面白そうなので、内緒で見にいってこようかと思ってます。
お風呂も入ってしまおう。


胡蝶蘭


皆さま こんにちは 西照寺の住職です。

先ほど、友人よりお花が届けられました。
謹賀新年 胡蝶蘭。
素晴らしい胡蝶蘭ではありませんか。
ついつい興奮してしまい、副住に写真をとってもらいました。

どうもありがとうございます。
これからもお互い健康に留意し、後の世代に後ろ姿を見せていきましょう。


メッセージ


こんにちは 副住です。 

一昨日、愛おしい娘とお嫁様が、嫁様の実家に帰省していきました。
別段、喧嘩とかしてはおりません(笑)
お正月をお寺で迎えたので、ちょっぴり遅い里帰りということです。
当日に決まりましたので、慌ただしかったです。

さて、ブログに嬉しいお便りが届いておりました。
ご門徒からのメッセージ。ふふふ。嬉しいものですね。

そのメッセージへの応答も兼ね、綴ります。
12月の西照寺法話会でご講師として来ていただきました
副住憧れの先輩。大江宏玄先生は練馬の三軒寺の一つ
敬覚寺様の副ご住職でございます。
三軒寺とは、関越練馬インターを降りた一つ目の交差点に三軒寺とあります。
あの交差点の近辺に浄土真宗本願寺派のお寺が三軒続いてあるのです。
いずれも確か、昔は築地にあったお寺さんだったはずです。
関東大震災を機に、市場の建設に伴い あちらに移動されたはずです。

さてさて、西照寺ブログの今後の在り方や方向性など、ご門徒さんよりアドバイスいただきたいなぁ。
宜しくお願いいたしますね。


風の谷のナウシカ


おはようございます。 副住です。

昨日のブログでご紹介した雅楽の夕べのPDFファイル
そこに名前が書いてありましたね。
あまり公にすることもないと思い、ブログで名前も伏せて副住と書いていたのに・・・
意味がなくなってしまいました。
私は副住の豊和といいます。

さて、今日は豊和が年末の大掃除をしていたら、ある生き物の巣らしきものがでてきたので
写真を載せてみたいと思います。私の気持ちと共にご覧ください。

ご本堂正面入り口に備えてある傘立をどけてみると。

(未知との遭遇)

なんだこれ?

(ナウシカの)キョシンヘイの頭みたい。(驚)

何かでてきそうで怖いけど。

とりあえず大掃除だしね。ホウキで叩いてみよう。

壊。(汗)

中にまだあんの?

なんだか、巣の中にオームの抜け殻みたいのがある(怖)

風の谷のナウシカを思い出させたこの巣は何の巣だったんだろう。


雅楽の調べ


新年明けましておめでとうございます。 西照寺の副住職でございます。

いきなりご連絡をさせていただきます。
2012年1月7日(土)に小川にあります花和楽の湯さんにて、埼玉県内にある浄土真宗本願寺派のお寺さんの有志が
雅楽の演奏をすることになりました。全部で私も含め4名です。
時間は19時からです。ご案内状が作成されましたので入れてみようと思います。
雅楽チラシ.PAG

実は年末に皆で集まり、練習をいたしました。
皆のスケジュール調整が上手くいかず30日の21時より、春日部のお寺に集合し、音合わせをしておりました。

新春ですので、お正月を意識した雅楽の演奏をすることになったのです。
ぜひ、温泉にこられた方々に、普段は聞かないであろう雅楽の調べを楽しんでいただきたいと思っております。
本年は、よりひらかれたお寺(僧侶)の在り方を模索していけたらと思っています。
皆さんに身近なお寺でないといけませんし、身近な存在であってほしいと思っています。
ではでは、お正月早々、宣伝のブログとなってしまいましたことをお詫びし、締めたいと思います。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


飛躍 2012年(元旦)


新年、明けましておめでとうございます。
西照寺ブログを見ていてくださる皆さま、どうぞ本年も宜しくお願いいたします。

西照寺住職です。
まずは、元旦の西照寺ご本堂の様子をお伝えいたします。このような装いとなっております。

ちょっと余談で、新年早々14時28分に 地震に見舞われてしまいました。
埼玉は震度4。けっこう揺れました。

さてさて、気持を切り換えて、本年の西照寺の抱負を述べさせせていただきたく存じます。
辰年ということもありますので“飛躍”とさせていただきましょう。

昨年の西照寺は様々な活動が産声を上げ、誕生いたしました。
西照寺ブログ、新東松山斎場、ご門徒の連続研修会への参加、法話会、西照寺旅行など。
新しい動きができあがり、活気がでてまいりました。

今年は、それらの活動をより一層充実させる一年としていきたく思います。
それって、つまり、“飛躍”ということです。
登り竜の勢いをそのままに、辰年を送ってまいりたいと思っております。

補足として。飛躍ということで、ブログでは、月に一度、法話というものを掲載していこうと思います。
西照寺のブログということで、仏教的なお話を取り入れていこうと思います。(月の後半くらいにやってみましょう)
それと、西照寺の宣伝(お寺の活動の告知など)も行っていこうと思っています。(これは前半くらいにしましょう)
昨年の活動を一歩推し進めた形で今年の活動ができればと念じております。

皆さま、暖かな眼差しで西照寺ブログを応援していただけるようお願い申し上げます。
陰ながらの応援でも嬉しいです。


大晦日 締めの言葉


皆さま こんばんは 住職です。

本日は大晦日。
大掃除も終わり、やっと新年を迎える準備が整いました。

仏教徒として思うことは、毎日があたりまえではないのであるから、毎日が新年の気持ちでないといけないのではないかとも思います。
しかし深く反省してみれば、そのようにできないと思ってしまします。
これが凡夫の証拠なのでしょうか。ただただ恥じ入るばかりであります。

さて、今年一年を振り返ってみると、やはり東日本大震災のことが真っ先に頭をよぎります。
地震だけに止まらず、原発の被害もあり、私も大きく深い傷が残りました。
年末に取り上げられる震災の映像を見るたび、涙が頬をつたいます。

嬉しいニュースとしては、なでしこジャパンがWカップを制したこと。
震災後の大きな嬉しいニュースに 感動も倍増しました。
こちらは歓喜の涙。
最近は涙もろいです。

西照寺としては、西照寺ブログが始まったこと。
何とか半年近く続いております。
また、新東松山斎場ができたのも、大きな展開でした。
さらに親鸞聖人750回大遠忌法要に西照寺のご門徒と参拝できたのも
大きな出来事でした。法要の素晴らしさに感動しました。

来年は色々な意味で、良い(人間的な発想での良い)一年であってほしいものです。
皆さんにとっても良い一年であることを念じまして、今年の締めの文章といたします。
西照寺ブログを見ていただいているみなさま、本年はお世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
南無阿弥陀仏