原稿作成の苦労


おはようございます。副住です。

昨日は、近年久々に経験した困難でした。

本願寺新報の記事が全然かけない。

9時間ほど、たった1000文字書くのに

時間がかかりました。

もちろん、9時間ずっと書いてるわけではありません。

何を書こうか、悩みながら新聞読んでみたり、ウロウロ

歩き回ってみたり。横になってみたり。

しかし、どんな時でも頭で気にしている。

ちょっと文字に起こしてみては読み直し、ダメだったら消す。

そんなことを繰り返している時間が9時間です。

よくTVドラマなどで、作家さんが原稿を書くのに悩んで、

紙に試し書きしては、クシャクシャにしてゴミ箱に捨て、

悩んでいる場面があります。まさにあの状況。あんなことを

9時間やってました。本当に作家の心労がわかるよ。

結局夜の22時くらいに原稿を何とか書き上げ、メール送信。

しかし、不安しかありません。今後の編集作業がどうなるのか。

昨日本当は、久々の休みの日(17日ぶり)だったのですが、

このような雑用がある時は、休みなのにお寺の書斎で

仕事をこなします。

普段、レジュメ作りや原稿作成などは、ちょっとした時間を

使いながら、上手く完成させています。

だから、1日使って作業をするなんていうのは、皆無なのです。

しかし、昨日は久々に苦労しました。

何だか休みっていう気分に全然なれなかったな。

 

 


原稿


おはようございます。副住です。

昨日は・・・疲れました。

結局23時半頃までかかってしまうんだもん。

ただ、良い流れ・・・になっているようにおもうのですが。

まだ確信が持てる場所にはいません。

ある意味、微妙なところもあります。

勝負は、皆が支え合えるかどうか。

 

さてさて、JCの話はそろそろ置いといて

私は昨日をもって、ハードな日々に一区切り。

今日は自宅にいますが、本願寺新報の記事を

書かないといけないのです。

本願寺新報は、本願寺出版社が出版している新聞のこと。

全国の浄土真宗本願寺派に関する記事が載っている新聞です。

誰が読むのかといえば、全国にある浄土真宗本願寺派のお寺

(約1万1千カ寺)や、新聞を取り寄せているご門徒(檀家という

こと)、あるいは浄土真宗本願寺派の別院、関連学校などだと思

います。よく知りませんが、おそらく発行部数は数万くらいに

なるのでしょう。

10日に1回のペースで発行されます。

今年の4月から、その新聞の「ニュースを読む」というコラムの

担当をしなさい!と言われ、正直渋ったのですが、お引き受けす

ることに。「正直何で僕に依頼を・・・???」と思いました。

オファーでは、渋っている私に、「ブログで書く様なちょっとし

たことでいいですから。」「気軽な感じで。」と言われたので、

仕方なく・・・。というのが、実のところです。

そこで、私の担当は毎月20日号の記事と言われました。

もちろん1年間の期限付きです。

以来、すでに2回の原稿をあげたのですが、全然気軽な感じでは

ありません。原稿を提出した後、とても勉強させられます。

それもそのはず、全然気軽じゃないじゃん!と思い、

私以外の同箇所担当の方(10日おきなので、あとお二人おられる

のです)の記事を見てみると

東北大学の教授や中国新聞社論説主幹の方の記事だったのです。

それを見て、心底ドン引きしました。プロじゃん。

なんでこうなったんだろう。と今は後悔してます。

あと10本も記事あげないといけないのです。

全然気軽じゃない。騙された感満載。Σ(゚Д゚)

しかし、相当勉強となります。私は文章が下手なので、

とても勉強させられています。

だけど、僕プロになる気なんてさらさらないし・・・

今月20日号の記事を今日中に書き上げないといけないのです。

今からやるぞ!本当、JCで時間とられている暇なんでないんです。

 

 


比企JCへの想い。熱さ!!!


おはようございます。副住です。

今日は鎌倉に行ってきます。19時頃、戻ってくる予定です。

その後、19時半からJCの会議。

21時に会議を終え、引き続きJCの臨時理事会となりました。

おそらく、23時までには終わると思いますが、

丸一日の予定となってしまいました。

このように、JC卒業したけれど、外部で居残り

となっても、JC活動はかなりのウェイトを占めます。

特に先月から大変なこととなりました(苦笑)

一生懸命取り組むからこそ、ある意味楽しいのです。

私は半分以上、この年になって、何やってんだよ!と思ってます

稀に、問題がおこったり、試練などがあった時、全体で乗り越え

ようとする熱い気持ちをメンバーがもつ時があるようです。

それを感じる時が先月からあります。

そのような場合に、私は楽しくなります。

もともと、私は自他共に認める熱すぎるタイプ。

20代の頃は、熱すぎて親身になってくれる先輩などから

「熱いのはいいが、周りがその熱についてこれない時もあるか

ら、気をつけろ」と教えてもらったことがあります。

つまり、周りの状況を見ること。

周りに熱がない時、私が熱を発しすぎるとドン引きされること。

周りに熱がなけならば、熱がおこるまで待つ必要があること。

熱は伝播させるもの。などを教えてもらったことです。

以来、ゆっくりではありますが、意識しながら今では表面上

あまり熱は見せないようにしてますし、周りに熱を求めなく

なりました。ある意味冷めてるのです。

しかし、自分の中の熱は変わりません。

JCの良いところ、私がなんとなく居心地がいいと感じる部分、

あるいは、JCを放っておけないのは、熱をもっているメンバーが

集う場所だからでしょう。

しかし、厳しいことを言うようですが、私はその熱を

もっともっと表に出していけばいいと思うのです。

熱さが表面にでることで、そこに共有感と高揚感と

一体感が生まれると思います。仲間意識も。

また仲間意識はより高い次元で構築されるとき、

そこにより高次の「充実感」「楽しみ」が待っていると

私は思っているのです。

ようやく、現在のJCにはそれが感じられるようになって

きたのかもしれません。まだわかりませんが。

これまで表面上の仲の良さ、楽しさを求めていたように感じて

いたので、私も表面上の付き合いをしてきたし、本当に楽しくは

ありませんでした。

しかし、ようやく一歩踏み出していってくれそうな所まで、

避けていた部分に向き合うような流れができました。

正直、この道は一歩誤れば崩壊にもつながるナイーブな道なので

気をつけねばなりませんが、うまくいけば、私が求めている

場所に比企JCが寄って来てくれるかもしれないのです。

そもそも私はJC歴が短いので、JCの正しい監事という役割は

わかりません。そんなこと、ある意味どうでもいい。

色々なお叱りもいただくでしょうが、仕方ない。

そんなことより、本気で活動できる、やり合える

充実した場所であれば、それでいいと思っています。

それを外部という立場で見た時、凄いね!!!と

感心でき、羨ましく思える組織であればいいのです。

ちょっとだけ、そのステージへの階段を上がっているように

感じられてきた今を過ごしています。

(正直、忙しいので、苦しいですけど楽しいです)

可能であれば、良い方向のまま。このまま階段を駆け上がって

ほしいです。もし階段を駆け上がれたならば、比企JCは

すげー強い本当の組織となるでしょう。あれだけのメンバーが

いるのだから。

もし、私の良いと思う流れで来るならば、私も残り半年をかけ

厳しく、本気でぶつかってやろうと思います。

私をJCに引き入れたUさんの分までね。

比企JCを力強くすることこそ、各卒業していかれた諸先輩の

共通項だと思っていますし、外部監事の役目だと思ってはいます

さてさて、本当に私が思う良い道へと踏み込んできてくれるのだ

ろうか? 楽しみ半分、怖さ半分。


愚痴


おはようございます。副住です。

昨日は、北ブロック役職者会議という会議があり、

開催地である水戸市まで行ってきました。

昨年は千葉の成田市で開催されたものです。

各地持ち回りで開催されていくので、毎年開催地が

異なるのです。

 

 

 

 

 

 

 

本来は一泊しての会議なのですが、私は急遽自坊で翌日に

予定ができた為、宿泊をキャンセルしていただき、

夜にお寺に戻ってきました。(片道150キロくらい)

水戸市までは高速で行きました。

関越自動車道から常磐自動車道まで、圏央道という高速が繋が

ったので、楽に行けました。これまでは3時間ほど見込んでいた

と思いますが、2時間ちょっとで行けました。

 

ようやく、ようやく5月24日から始まった連日予定が明日の深

夜までで終わりを迎えます。16日連続でした。(-_-メ)

またやってしまった。このスケジューリング。

本当に厳しい。もはや修行。

この16日間、土日はご法事。

特に日曜日が2回ありましたが、法事の後、JCの例会。

(28日と4日)。楽しかったけど、相当疲れるのです。

平日は築地に5回出勤。さらに浅草と川越と鎌倉と水戸と

千葉に各1日づつ。

この年齢でこれだけ連日、各地を移動すると身体にダメージが。

また、早朝と夜はJCの会議や話し合いなどもあったので、

もう滅茶苦茶。

でも、でも、でも ようやくあと少しで、ハードスケジュールに

一区切り。さよなら👋 もう二度とないでほしいです(笑)

私は9日から20日まで冬眠に入るような日々です。14・15

と土日は忙しいですが。

その他の日に、原稿記事やレジュメをいくつか作成しなくてはい

けないのですが・・・( ノД`)シクシク…

誰か代わりにやってほしいです(笑)もう作りたくない。

 

 

 

 


僧侶としての意識(ご法事の時)


おはようございます。副住です。

昨日は、ご法事を勤めさせていただきました。

ご法事は、当然ですが一回一回、心を込めながら

お参りさせていただきます。

どうしても、僧侶も人間ですので、「慣れ」などに

よって、緊張感が薄れてしまう場合もあるのです。

だからこそ、そこを乗り越えようとする意識が大切となるのだろ

うと思うのです。

ご法事を勤めさせていただく前に、ご遺族の立場を考えることで

私の場合、緊張感を高められます。

私には、とうてい頷くことのできないような死別を経験されて

おられるご遺族も、沢山いらっしゃいます。

その時も、当然ご遺族の立場なんてわからないけど、

自分なりに思いを近づけてみるのです。

そこには、表面的な言葉など語れないし、通じない。

だからこそ、そんな場合、お話しするにしても、ある意味命がけ

です。

僧侶は、そのような場で話をさせていただく場合が多いので、

やはり勉強や経験を深めていかないといけないと思います。

だからこそ、色々な経験をしていてしかるべきなのでしょう。

 

さてさて、そんなわけででもないのですが、

昨日はご法事を終え、次にJCの例会に参加してきました。

とても魅力的で時間が過ぎるのが早く感じた講師例会でした。

パーソナルカラーの講演でした。

パーソナルカラーは、その人の一生ものの色だそうで、

これを知るだけでも、得した気分。

さらに、スーツ(礼服)の基礎知識なども教えてもらい

ビジネスマン(JCのメンバー)としての知識の肥やしと

なりました。本当に勉強になった例会でした。

 


多忙な時期って重なるのね。


おはようございます。副住です。

今日はお寺でご法事が勤まります。

さらに比企JCの例会もあります。

今月の比企JCの例会

私は今年外部監事を仰せつかっており、例会最後に

講評を依頼されている関係で、ご法事を終えたら

そちらに合流します。

遅することとなりますが、合流後からでも、

しっかりと例会が出来ているのか、確認させていただこうと

思います。

しかし、先月から例会が続き、さらにそれ以外の会議(JCの)

や話し合いなどが続いています。

JC以外でも多忙すぎなのに、加えてJC活動が盛んになってしまう

なんて・・・(仕事もJCも予定以外のものが舞い込んだ状況)

もう6月に入って、朝も夜も関係なくなってきました。

・・・でも24時を過ぎることはありませんから、大丈夫

なんですけどね。

 


私の仕事の癖


おはようございます。副住です。

早いもので、6月も3日となりました。

仕事が溜まっている現状に、新たな仕事が増えてしまい・・・

しばらく時がとまってくれたら・・・などと本心から

思っているこの頃です。

さて、9日までに原稿2本とプレゼン資料3本。

さらに報告書1本を作成しないといけない状況。

(この他、JC行事のことも考えなくてはいけなくなりました)

8割ほどは、頭の中で出来ているのですが、

実際、文面に落とし込む時、苦労する時があります。

これはやってみないと、わからない部分なのです。

私の場合、頭で大枠をイメージし、資料に落とし込む

時に、足りない部分を肉付けしたり、余計な部分を

そぎ落としていきます。

苦労する時は、資料に落とし込む時、文字数や諸々の

制限によって、頭のイメージが上手く落とし込めない時です。

この時は非常に苦しみます。

私の場合、先に頭でイメージを行うので、

イメージにとらわれてしまうわけです。

本来、制限があってイメージが上手く落とし込めないのだから、

最初に戻って、イメージしなおせばいいのですが、それが出来な

い。最初のイメージにとらわれてしまうのです。

だから、そのイメージで、やり遂げていく。

しかし、結果として出来栄えが悪くなることもあるのです。

だから、落とし込み作業は嫌なのです。苦労する場合があるか

ら。今回は、まだ落とし込むところまで

作業をしていないので、どうなるでしょうか?

落とし込む作業に入るには、重い腰をあげないと

いけないのです。精神的に「よし!やるか!」と

気持ちを入れてあげないといけません。(私の場合)

近日、そのスイッチを入れないといけません。

でも本当に悲しきかな、仕事で8日まで出詰っぱり。

唯一今日、時間が取れるようしてもらいました。

でも、疲れているので、そんな気になれない( ノД`)シクシク…

あ~、時間だけが過ぎていく。

(こんな経験を何度も乗り越えてきました。だから焦って

ないのです。何とかなるんです。一回スイッチ入れてしまえば)

 

 

 

 


乗り切る


おはようございます。副住です。

6月に入り、衣替えとなりました。

昨日は、家庭の事情により、ブログ更新への意識を持たない

で過ごしました。私がいつも思うことですが、

長期的にブログを継続するには、この位のモチベーションが

大切だと本当に思います。日々の習慣でありながらも、ちょっと

した時には更新を忘れてしまう!という位のモチベーション。

さて、昨夜もJCで動いてました。帰宅も24時近くとなって

しまいました。

私は先月20日過ぎから今月8日まで、予定が詰まっており、

日々乗り切ることを念頭に活動していますが、体力的に

キツイですね。スケジュール管理ができていません。

8日を過ぎたら、休みを取ろうと思っています。

咳喘息以降、休みを重視するよう心がけていますが、

そうならないスケジュールとなってしまうものですね。

そろそろ、関わっている諸団体から手を引いていかないと

いけません。

 

 


体内時計


おはようございます。副住です。

昨日は、朝6時から8時までJCの会議。

その後、午前中にお寺で打ち合わせ。

午後からお寺の会計報告を夕刻まで

それからお寺にお参りがあったので、お勤めをさせていただき、

その後すぐに浅草へ。

浅草といっても、浅草寺ではありません。

部落解放同盟(東京支部)の会館です。その名も東京解放会館

 

ここで、19時15分から、部落解放同盟の総会の記念講演が行われ

たのです。私は浄土真宗本願寺派東京教区の代表として

聴講しに行ってきたのです。

講演を聞き終え、帰宅の途についたわけですが、自宅には22時

半頃 到着しました。

正直、とても疲れていたので、すぐに眠くなってしまいました。

頑張って23時過ぎまで起きてたのですが、気づいたら朝になって

ました。最近、早くに目が覚めてしまうのです。

28日開催された「比企こどもまつり」が原因だと思います。

私は朝、出かける前に必ずお風呂に入らないと気が済まないので

外出する1時間前には、お風呂に入るのです。

お風呂をわかす時間も考えると、外出1時間半前には起床せねば

なりません。

こどもまつりは、集合が6時半だったと思います。

余裕をみて、自宅を6時過ぎに出発。すると、4時半に起床

しないといけないのです。その時は4時過ぎに起きたのですが、

それから今日まで4日連続で4時に目が覚めてしまうようになって

しまいました。(私は二度寝ができないタイプなのです)

私は変なところがあって、サイクルを崩すと、一度崩したイレ

ギュラーに体内時計が合致してしまうようです。数日間。

これが辛い。眠いけど、4時に目がさめてしまうのです。

昨晩寝たのが23時すぎ。起きたの4時。つまり5時間弱の睡眠。

中途半端。私の場合偶数時間の睡眠が合っていると思っているの

で、とても中途半端な朝を迎えてしまいました。

 

 


横田家の秘宝文化財鑑賞会


おはようございます。副住です。

今日は二回の投稿です。

投稿したい内容があるからです。

一つ目は、前投稿した昨日の

比企こどもまつりの報告。

そして二つ目が今回の投稿です。

西照寺文化財鑑賞会が埼玉新聞に掲載されました。

ご門徒のTさんがいち早く画像を送ってきてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと内容が異なる部分がありますが、取り急ぎご報告です。

あと、一番大事な「直接文化財に触れてもらい、感じてもらいた

い」という寄贈者の願いを入れて欲しかったです。

何はともあれ、ゆっくりですが、徐々に意味ある方向(文化財

を人々の為に活用していく)に広めていければと願います。

埼玉新聞さま ありがとうございます。

 

 


埼玉・東松山/浄土真宗・西照寺のブログです