カテゴリー別アーカイブ: 日記

副住職の仲間たち IN築地


こんにちは 副住です。

昨日も築地に行ってきました。

昨夜は、私がお世話になっている教務所の職員の一人が

8月末で移動となり、それに伴って、一人が他部所から入ってき

てくれました。人事移動ですね。

移動後、少し落ち着いたであろう昨日、歓送迎会を行いました。

ここで、築地本願寺にある東京教区教務所の職場仲間をご紹介

いたします。

11名。ここに所長と私が入って13名。この写真の中の一人が

他部所に移動となった為、教務所は12名体制で業務を行ってお

ります。改めて写真を見ると、全体的に若い気がしますね。

問題:一人、おっさんが写っているのですが(笑)、わかります

か? 非常に上手く全体に溶け込んでいるので、わからないです

ね。ははは(笑)

今の東京教区教務所は、私を含め40代が2人。

上記の方は、私の7つ上です。役職は賛事。教務所のNO2です。

所長の次。とても人徳あるお方で、素晴らしい方なのです。

顔からにじみでています。教務所全体を把握し、コントロールさ

れています。職員の関係、人材育成、業務内容の指導と把握、

などなど、本当に多くの業務をこなされます。

私も共に仕事をさせていただくことに、嬉しさを感じ

ているし、何より意見が合致しています。だから、仕事がやり易

いのです。先輩だけど、私の性格もあって、言いたいこと言って

ます(笑)誠にご無礼しております。ははは(笑)

さて、教務所には30代が4人前後おります。

30代でも皆が30代前半。しかし、教務所の中では

中堅クラスとなります。仕事を覚え、皆が主体的に

仕事を考えながら業務を推進し始めています。

ここが教務所の中心でしょうね。

ここの年代の在り方によって、教務所の力はわかります。

今は、素晴らしい人材が揃っているので、私は安心して業務を

任せられます。でも、もっともっと伸びてもらわないといけませ

ん。でも、もっともっと伸びると思います。それだけ優秀な人材

が揃っているのです。嬉しいですね。

これからも、磨きをかけてください!

さてさて、それから20代が4人前後。

若い。元気。そして新鮮(笑)

教務所の雰囲気をつくってくれる人材が揃ってます。

仕事も覚えながら、経験を積んでいる段階ですね。

しかし、仕事に対して色々と自分の意見が言える方々が多いで

す。それは大変素晴らしいこと。そんな新しい風を教務所に送っ

てくれる若手です。この若手の突き上げが、現在教務所の中堅

クラスを刺激し、共にステップアップが果たせていくのです。

楽しみですね。若手の皆様には、遠慮とかしないで、ドンドン

質問し、疑問があったら主張してきて欲しいです。

教務所の中はとても良い雰囲気ですから、今後も楽しみですね。

でも、遠いから行くのが大変。

 

 


ミサイル


こんにちは 副住です。

朝から北朝鮮がミサイルを発射し、Jアラートが作動したようです

私は携帯のYAHOOの緊急速報で7時9分?頃に知りました。

慌てて、こどもの通学を心配しましたが、その後、数分で

列島を超えたとTVで情報を入手し、若干安堵しました。

しかし、急に地下に避難とか、頑丈な建物に避難と言われても

西照寺近くに地下の建物などはないし、本当に対処に困ります。

西照寺の本堂は鉄筋で、耐震偽装問題で有名なアネハ事件の最中

に建てられた本堂であるため、強烈に頑丈な作りです。

こんだけ頑丈なのだから、どんな地震がきても大丈夫!と

建設会社さんや、実際の工事現場の方から言われた記憶が思い出

されます。なので、頑丈な建物はあるのですが。

それにしても、問題はそこではなく、今日のミサイル発射直後の

TVを見ていると、放映されている異様な警報画面に、とても不安

になる印象を持ちました。このような雰囲気が繰り返されていけ

ば、日本国民は全体的に不安が募り、北朝鮮に対し、

お前が悪い!という印象をもち、戦争論が浮上しかねません。

きっと、これから何度かミサイルが発射されるのでしょう。

これからもっと凄いミサイルがでてくるのでしょう。

そうなってくると、日本人も不安が高まり、異様な雰囲気ができ

るのでしょう。

一回、そのような雰囲気が醸成されてしまうと、後戻りできない

でしょう。だからこそ、メディアは警戒感を高める演出は控える

べきです。もちろん、大変な事態なのは理解しています。

しかし、必要以上に国民を煽るような、雰囲気を整えていくよう

な演出は控えるべきです。どのチャンネルを見ても、同じような

画面が表示され(国が示す警報画面なのかな)、緊迫した異様な

雰囲気が与えられています。国も含め、戦争の方向にいかないよ

うに、かといって北朝鮮をどうするんだ!と言われてしまいます

が。私も気持ち的には本当に憤りを感じていますが、しかし、感

情だけに流されては良いことが起こりません。

ここは一方で冷静な視点で、対話の道を探って、対話に対話を重

ねることで、良い道を模索すべきです。

北朝鮮が対話できない国とも言えますが、これまでの対話がダメ

なのであれば、違う手法の対話を模索してもよいと思います。

今から先、感情や雰囲気に流されない、冷静な判断も大切となっ

てきます。戦争は先人者達(体験者)が、絶対にやってはならな

いと言ってくれたのです。私も戦争体験者の方々であるご門徒さ

んからも、その時の話を聞いたことが何度かあります。

信じられないような、絶対そんな光景を見たくないと思いまし

た。だからこそ、先人の教訓をしっかりと考えるべきです。

北朝鮮がどうこうよりも、戦争を起こしてはいけない。

悲惨な戦争はやってはだめ。

こんなブログを書いている今は、何なのだろう?と思います。

平和ボケ 平和ボケ などと言われていた時代が恋しくみえます

本当に日本、世界は変わってきました。ますます不安定に。

この激変期だからこそ、強い想いをもって、歩んでいきたいと

思います。


お坊さんでも・・・


おはようございます。副住です。

今日も良いお天気です。

このような気候は良いですね。本当に。

そんな良き日に、建物の中で一日中過ごす。

ちょっと残念に思えてきました。

せっかく一年でも数日しかないであろう、気持ちが良い

気候の日ですから、こんな時は外で過ごす時間が持てると

良いと思います。散歩や運動、あるいは出かけるなども良いです

ね。休みでなければ、昼休みなどに散歩でもしたら良いのです。

さーて、今日も夜まで一日築地だ!頑張るぞー💪

しかし、30歳前と今では体重が10キロほど増えたのですが、

そのお陰か、全然風邪をひかなくなりました。

痩せていた頃は、本当に頻繁に風邪をひいて体調不良をおこして

いましたが、今は全くありません。太ったことで良くなったこと

は、体力がついたことと、風邪などひかなくなったことです。

これだけハードだと、風邪なんてひいてられません。

自分でも感心しています。

因みに、昔の体重は53~55キロ位でした。

今から思えば、独身だったし食べなかったからなぁ~。

結婚してから、食べなきゃいけなくなって、太りました。

今では、逆に太ったことで、正座で足が痺れやすくなりました。

何件もご法事が勤まると、正座が大変なのです。

お坊さんも、足痺れるんですよ。

涼しげな顔して、実は足痺れてます!


へいわフォーラム 2017 


おはようございます。副住です。

今日から土曜日を挟んで日曜日(17日)まで

連日築地です。週5日の築地通いはキツイ。

ここを乗り越えれば、お彼岸です。やっぱりキツイな。

17日は日曜日ですが、築地本願寺において

「へいわフォーラム 2017」が開催されます。

【講演】戦争を知らない世代が本当に願う平和とは

 

築地本願寺の本堂において、平和について考える

講演を行います。

映画監督の森達也さんをお招きして、上記講題でお話しいただき

ます。引き続き、浄土真宗本願寺派総合研究所の丘山所長と対談

を致します。対談は、仏教と平和というキーワードでお願いして

います。もちろん、映画の内容等にも踏み込むと思われます。

北朝鮮問題も緊迫している現在、平和について考える良い機会。

北朝鮮問題は感情的に頭にきますが、しかし、冷静に平和につい

て考えていかないと、酷い事態になりかねません。

一度、日本国民がそのような雰囲気になってしまえば、もうダメ

そうなる前に、一人一人が平和について考える機縁としてもらい

たいのです。特に、戦争を知らない世代に。

そんな機会を設けた(私たち教区の企画)のに、台風がきそうな

のです。

折角の講演の日に台風で天候が悪いと、出足が鈍ります。

天候ばっかりは、どうにもならない。

天気に恵まれたらいいのにな。

 

 


営業電話に苦言


おはようございます。副住です。

今日は世田谷組(セタガヤソ)さんに移動教務所です。

本年7月下旬から始まった移動教務所。これで4組目。

東京教区には全24組あるので、今日を終えればあと20組。

目標は2年で全組。

予定だと、今年の終わりまでに、あと4組回ります。

そうなると、7月から12月までの半年で、8組。

今のところ、目標以上のペースです。スタートダッシュ成功です

 

さてさて、こんなことをブログで綴って申し訳ないのですが、

もう何年も前から、様々な業種の方から、電話営業というので

しょうか、本当によくかかってきます。

今もブログの更新をしている最中、8時台からの営業の電話が。

パソコンのウイルス対策の営業電話。

普通、会社って9時スタートではないのでしょうか?

8時台から営業の電話とは流石にひどい。

お寺なので、いつでも電話はでられるように意識していますが

、営業電話に出る為に準備しているわけではありません。

本当に営業電話はやめて欲しいです。

営業電話は多い時だと一日5~6件ほど。もちろん、無い日もあ

ります。具体的な営業分野は、保険・パソコン・ホームページ関

連・コピー・ポスター協賛・投資・書籍巻物販売

・規制緩和によって、通信が安価になったからNTTさんから切り

替えませんか?とか言う、例のやつ。

上記分野の営業電話が多いです。あんまり、お寺と馴染みがない

分野の営業なので、正直営業されても困惑します。

しかも、電話を切らせない営業は、本当に迷惑な話です。

今でもなるべく失礼のないよう応答してますが、

流石に、こちらの応答に配慮せず、一方的に営業の話を展開しよ

うとする方の場合や、常識的な時間以外に電話をかけてくる方の

場合、「迷惑ですよ」と応答します。「やりすぎ」だと思うから

です。もちろん、先方だって理由があることでしょう。それは理

解できます。しかし、営業であるのなら、相手に不快感を抱かせ

てしまうような行為をしてはいけません。

特に電話という相手の顔が見えない手段であるならば、

電話越しから聞こえてくる、相手の声のトーンやテンションなど

を注意深く読み取り、対応を変化させないと!

私は、こちらの状況をくみ取れないような営業マンのようであれ

ば、それはそもそも意思疎通能力のレベルが低いと解釈します。

そんな方の営業は、正直お付き合いしても先が思いやられます。

営業電話、手間も省けるし取りあえずやってみれば!と思って

手あたり次第に電話営業をしてはいけないと思います。

やはり、営業電話のスキルや人事育成をしっかりと行った上で、

やってほしいと思います。

営業電話の受け手のことをもっと考えて欲しいと思うのです。

 

 

 


AIによって仕事が奪われる。その時、人間の存在意義は?


おはようございます。副住です。

唐突ですが、今日はAI(人工知能)について。

今後AIによって、多くの仕事が奪われる!などと

心配になる情報があがります。

近年、AIの能力向上により、色々なことが人間よりも効率的に

できるようになっています。

プロ棋士でさえも、AIに勝てなくなってしまいました。

もはやAIに人間が飲み込まれそうな感じさえします。

もしかしたら、今後人間が未だ発見できていない最先端な部分ま

でAIによって解明されてくることもあるでしょう。

私もAIについて、あまり知識はありませんが、素晴らしい進歩を

しているようですし、きっと私が想像していないような領域に

さえいるのでしょう。

ただ、AIがいくら進展したとしても、AIは人間とは違います。

もし今後のAIの進展が、人間の仕事を奪ったとしても、人間の尊

厳や存在意義は変わらないと思います。

人間がAIに多くの仕事を奪われた時、おそらく自己不信というか

自己存在の意味を問い始めたりする方向に向かうと思われます。

しかしその時、著しく意味を持つのが宗教という領域。

宗教は、人間が人間としての意味性(?)に出会える場。

きっと、深い所で人間は宗教に支えられていないと、自己の意味

性を問われた時、動揺することとなるでしょう。

それがAIによって、仕事を奪われた時なのか、あるいは戦争など

で全てを失った時なのかはわかりませんが、そんな時に、

自分は何のために生きているのか?

何の存在意味があるのだろうか?と純粋な問い、自己と正しく向

き合う機会とであってしまうのです。

現在日本で普通の人であれば、日常の様々な事柄に追われ、

その機会と向き合うことなく日々を過ごしています。

それで何の問題もなく、過ごせるのです。

忙しければ忙しい程、そんな重い事柄に向き合おうとしません。

普段から、向き合ったことがないので、向き合わなくてはならな

くなった時が訪れたら大変です。

すぐに答えを知りたいのに、答えがない。

他人から何か答えを言われたとしても、自分で納得できなければ

答えではありません。

そもそも自己の存在意義なんて、自己が納得できなければ意味あ

りません。

AIによって仕事が奪われる!と聞いて、もし危機感を覚えたなら

ば、奪われない仕事を探すよりも、自己の存在意義について今か

ら向き合うことの方がよっぽど大切です。

そうそう、今日はAIと人間の違いについて、私なりの見解を主張

したかったのですが、違う方向に話がそれてしまったので、

後日改めて触れようと思います。

 

 


誕生日


こんばんは 副住です。

今日は私の誕生日なのです。

41歳となります。

母曰く、9月10日の22時前頃に生まれたそうです。

この世に生を受け、41年無事に生きてこられました。

普通に思えば、単に41回目の誕生日です。

しかし、41年も無事に生きることができたのです。

本当に有難いことです。

あと、何年生きることができるのかわかりませんが、

その都度、内心でもいいので、感謝ができる日々が増えて

いけば良いなと思います。

昨年位からでしょうか、ふっと稀に(月に1度とか、2か月にい

1度くらい)、身体に感謝を伝える時間があります。

心臓は、41年止まることなく動き続けてくれています。

内臓にもお世話になっています。そんなことをフッと感じる時間

が昨年から?一昨年から? いつからか覚えていませんが、自然

とでてきてしまいました。一瞬のことなのですが、一人の時に目

を閉じて、身体全身に「ありがとう」と想いを伝えてみるのです

何が効果を望んでやっているわけではありません。

そうではなくて、なんか、たいした休みもあげてないのに、身体

は良くやってくれてるな。と思うと、自然と行為にでてくるので

す。もっとも、自分の身体だけに感謝してはいけません。

周りの家族や友人、あるいは知らない方々にもお世話になってい

るので、そちらにも感謝です。

なかなか表にだせませんが、一人になった時に、感謝の気持ち

がでてくるものです。


太陽フレアとICBM


おはようございます。副住です。

昨日、ようやく本願寺新報の原稿を提出。

これから、恐ろしい編集作業が待っております。

一昨日、記事の8割ほどを書いていたのですが、夕刻より

JCがあり、途中で断念。

翌日は築地本願寺で一日会議であった為、残りの2割は昨日

書いていました。本当は昨日も築地へ出勤しなくてはいけなかっ

たのですが、原稿作成も大事だし、築地を欠勤し、

記事を書き上げました

先方からは6日の提出を依頼されていましたが、

事情を告げ、7日の提出とさせていただきました。

今はちょっとだけ安堵してます。

これがあと6か月続く(1年契約)のだから、苦労します。

先方には、迷惑をかけますが、しかし、とても勉強にはなるの

で、苦労の甲斐があるはずです。どこかで役にたつでしょう。

さて、昨日何気なしにyahooニュースを見ていたら、大きな太陽

フレアがあったようで、地球にも一週間ほど伝播など電気系に影

響があるかもしれないとのことでした。

太陽フレアは、太陽の表面でおこる爆発のことらしく、太陽活動

が活発な時に黒点近くで起こることが多いらしいです。

先日、最大規模のフレアが起こったようで、これが起こると、太

陽からたくさんのガスや衝撃派、プラズマなどが起こって、それ

が地球にも届くようで、地球で磁気嵐が起こるそうです。

平常であれば、「ふーんそうなんだ!」で終わるのですが、

今回は別。私の中では、北朝鮮問題が気になっています。

9日にICBMの実験とか、しかも東京の上空を通過する可能性もあ

ると中国から日本の議員に報告があったなどとの情報を見ると

(嘘かもしれないけど)、たまたま太陽フレアがミサイルに影響

を及ぼし、最悪の事態に・・・みたいな素人考えを思ってみたり

するわけです。

北朝鮮のことだから、9日ではなく、9・11を意識して

11日に発射する可能性もあるでしょう。

太陽フレアは1週間ほど影響ありそう!とのことだし、11日

にミサイル実験があっても、同じことです。

はー、北朝鮮はもうやめて欲しい。

原爆や水爆、ICBM、自分の都合の良い様に世界を動かし

たいのだろうけど、そりゃ無理や。アメリカだって、自国の都合

よく世界を動かせないんだから。

そんなことより、原爆や水爆、ICBM、なんでもいいけど、そんな

の開発したって人類にとって良いことないって。

悲しむ人を多く生み出すだけ。

そんなことより、喜ぶ人を多く生み出そうよ。

一応、リーダーなんだから。

 

 

 


副住職のボヤキ


おはようございます。副住です。

昨日は、築地本願寺において、会議や話し合いが

続きました。

6月頃から急にトップ(京都の本山)が示す方向性が変わるもの

ですから私の役職も非常に影響を受けています。

トップが方向性を決め、それを踏襲することが組織として大事で

す。足並みを揃えることは当然のことなのですが。

しかし、トップの方向性が急にこれまでと異なるような

流れとなると、苦労をします。

つまり2012年度以降これまで、各教区の地域性があるだろうか

ら、それぞれの地域性に併せて、寺院で取り組む運動を決めて実

践するように!そして、結果を本山に報告するように!というも

のでした。

教区という現場に寺院の運動の方向性を任せていただいてきたの

に、今年の6月に急にトップが全国の寺院で統一できる方向性を

設けます!それに従ってください!というわけです。

これはこれでいいのですが、だったらもっと前に教えてくださ

い!という気持ちです。

実は、私たち宗派では、2012年以降、3年を区切りとして活動の

見直しを行っています。そこで活動の方向性を決め、各教区とい

う特性を生かせるような活動を展開することをしてきました。

ちょうど2017年度が終わると、新たな3年が始まることとなるの

です。この活動の見直しの時期に併せて、私に役職のお話しが

きたというわけです。私は昨年度より、今の役職に就きました。

東京教区というエリアの寺院全体を巻き込んだ、有益な活動を構

築する!これが私に課せられたある意味の使命だったわけです。

もちろん、私だけで決めるわけではありません。当然、教区の代

表者の皆様と集い、会議を重ねて決めていくという流れです。

ですから活動を決めていくためには、時間を要します。

そんな理由から本年度頭から、そこを目指して会議を始めて

きたのです。正直、それでも遅いくらいだと私は思っていました

そんな会議を続けている最中の6月頃、トップが方向性を決めよ

うと思います的な話が聞こえてきました。

私たち組織はトップのいう事が大事。当然従います。

しかし、未だ明示されない方向性。遅すぎる!

明らかに準備時間が不足します。良い活動ができる自信などあり

ません。

さらにこうなると、私の役目はなんだったんだろう?と

存在価値も問われます。私の中では、私の役職は無くしても

よいのではないだろうか?とさえ疑問を持ち始めてしまいまし

た。

これまでは、地域に任せるということだったので、当然取り仕切

る役職が必要不可欠でした。しかし、トップで決める!となった

ことが昨日の会議で明らかとなった為、私はこの2年を返して

ほしい気持ちとなりました。そんなことだったら、もっと早く

言ってよ。2年前に教えてくれれば、私も今の役職受けなくて済

んだじゃん!と思ってはいけないことを思ってしまいました。

もっとも、これは不可抗力なのです。トップが悪いわけでもあり

ません。皆が良い方向を向こうとする意図での、不可抗力として

発生してしまった問題。たまたまタイミング悪く、私がその場に

いてしまったという事です。それは私自身最も理解しているので

す。だけど、ボヤキたくもなりますよ。それなりに意識を持って

やってきたのですから。ただただ、今日のブログは私のボヤキ

という意図を汲んでくださったら有難いです。

 

 


切羽詰まる


おはようございます。副住です。

昨日は日中に、本願寺新報の記事を作成し、夜は

比企青年会議所の理事会でした。

本願寺新報の記事が中々書ききれず、今も最後の締めを

作成中。おおよそ書いたのですが、最後が肝心。

あと150~200文字ほどが書けておりません。

昨夜の理事会に臨むにあたり、事前に資料確認を行わねば

ならず、夕刻近くから、出来上がらない原稿の執筆を諦め、

理事会に備えました。こういう部分が大変なんです。

しかも、JCの理事会から24時以降に帰宅するという状況。

正直、仕事を優先しなきゃいけないのに、JCもやらなきゃいけな

い。こういったどうにもならない環境に身を置くと、どうにもな

らない環境への耐久性がつきます。こういった状況に置かれるか

らこそ、切羽詰まって頭が同時に考えだすようにもなります。

あっちに気を回しながらも、こっちもやる。しかし、失敗はでき

ませんから、慎重にやる。つまり不器用が器用になるのです。

そういった意味からすれば、大変な環境に身を置くことで

自己成長が自ずとはかられるのかもしれません。

さて、本願寺新報の原稿提出は今日までと依頼されているのです

が今日は築地本願寺で一日会議やら仕事があり、おそらく夜まで

手があかないでしょう。う~ん。困った。今日も深夜まで取り組

むけど、良い締めが出来ないといけないし、もし書けたとしても

今度は、文章校正など可能な限り、自己編集をしないとダメです

そうなると、明日も若干の時間が欲しいところ。

しかし明日も築地本願寺にて、参加しなくてはならない行事があ

るのですが、事情を言って代役をたて、執筆に時間をとるしかな

いと思っています。う~ん、この200文字が大変なんだ。

苦労してます。何とか、一日提出を遅らせてもらえるよう、先方

に伝えなきゃ。(-_-;)