ついに


こんにちは 副住です。

今まで住職(人)には期待しないと思っておりましたが、
もう我慢できません。

住職、突拍子もないことを次々としないでください!
周りにいる人が迷惑します。

タブレットを買う? 冗談だと思っていましたが。
そんなもの使えるわけないでしょ。
まだ、キーボードだってローマ字ようでは打てないんですから。
(なぜか、日本語用で打つんです。CAPSを押してやるやつです)
近未来みたいだからって理由だけで、買ってはダメです。
どうせやらなくなるんだから。

あと、なぜあんな重いバーベキューセットを買ってきたのですか?
一つ持ってるでしょ。
それとベンチ?なぜあれを買ってきたんですか?
お寺なのに洋風のお庭にあるような風貌ですけど
しかもそれを本堂の横の入口置くなんて。
あそこに置いても座る人少ないでしょ!

本当に、気にしないようにしているのに、
どうして目に入ってくるのか。
ついに不満が爆発です


そろそろ新緑


こんにちは 副住です。

ふふふ(笑) 内緒で出かけておりましたが、
知っている人は知っている。ふふふ(笑) 距離が近いと感じます。

さて、今日は温泉法話をしに 小川まで行ってまいりました。
残念ながら、今日は人が少なかったですね。
日によって話を聞いてくれる人の数がちがうので、面白いものです。
花和楽の湯さんの外観です。

さて、道中景色をみていたらだいぶ木々の新芽がでてきてますね。
そろそろ私が好きな新緑の季節に近づいております。
新緑を見ていると、元気がでてきます。やる気がでます。
最近元気がないから、今年は新緑に元気をもらおうと思います。


今夏は?


こんばんは 副住です。

途切れ途切れとなってしまい 申し訳ありません。
少し、だれていますね。

さて、今日は暑かったですね。
九州では30度超え。
真夏日・・・
今年の夏はどうなってしまうのでしょうか。少し不安です。
ただ、冬の寒さが苦手な私は、夏の方が若干心が許せます。

寒さはお尻に響くそうですから(笑)


スマートフォン


皆様 こんにちわ 西照寺の住職です。

突然ですが、私、最近スマートフォンがほしいのです。
しかし、坊守や娘に「使いこなせないからやめなさい」といわれます。
でも、指で画面を拡大したり縮小したりしてみたいんです。

最近は、私と同じ世代の方でもスマートフォンを使いこなしている方が
たくさんいらっしゃいますね。すごいな~。今はやっとパソコンがで
きるようになりましたから、スマートフォンまでもうすこしの辛抱です
かね?頑張ってみます!


レンタル墓 


こんにちは 寺務です☆

今日はまたレンタル墓について少しだけご紹介させていただきます。
レンタル墓とはお墓をレンタルする。既に建っているお墓を借りてお骨を納骨します。
きっと、皆さんがまず不安に思われることは、お墓をレンタルするんじゃ、自分のお墓じゃない
わけだから、お墓に「〇〇家之墓」と彫れないのではないだろうか?そうすると自分のお墓がど
こにあるかわからなくなってしまうのでは・・と思われると思います。

ですが、ご心配いりません!当寺のレンタル墓は、普通のお墓と同じように「〇〇家之墓」と彫
ることができます!もちろん現存のレンタル墓に文字をいれることはできないのですが、その代り
に分厚いプレートを石塔正面部分に貼り付けます。ですから、そのプレートに「〇〇家之墓」と
彫れるわけです。また、お好きなデザインで花の彫刻を加えたりと色々アレンジができますので、
ご自分のお墓のようにご使用できます。また、そのプレートの石の色も選ぶことができます。


そのままをいただく


こんにちは副住です

今日は法話をさせていただきます。

先日、ビデオで島田洋七さんの「佐賀のがばいばあちゃん」という映画を見ていたら、こんなワンシーンに出会いました。
6歳位の少年が、佐賀県の学校で、友達に“おまえの家は貧乏ばい”といじめられているのです。少年は家に帰るなり、お婆ちゃんに“うちは貧乏なんか?”と問いかけます。するとお婆ちゃんは
“貧乏ばい。でも貧乏人はよか! 金持ちは色々大変ばい。 おいしい食べ物を選んだり、旅行する所を探したりしよるから。でも貧乏人は、選ぶ必要なんか無か。あるものをそのままいただくだけばい。”と答えたのです。

確かに、豊かな人は欲しい物が手に入る。あとは自分の好みに合わせるだけです。好みに合わない物は、切り捨てればいいのです。ただ自分の好みに合わせるという所に、色々な迷いが生まれるのです。お金持ちは大変です。
 でも貧乏であれば、選ぶ必要なんてありません。選ぶ必要がないのだから、迷いが生まれることも無いのです。ただ手に入る物を、そのままいただけばいいのです。そんな貧乏人をお婆ちゃんは“よい”と言ったのです。そこには“そのままをいただく”という心の豊かさが感じられます。

 この世界のあらゆる物事には、同じ物など何一つありません。一つ一つが、かけがえのない、とても有り難いものなのです。“そのままをいただく”とは、あらゆる物事の、かけがえのなさに気付いているからこそ言える言葉だと思います。まさに仏様の心が、お婆ちゃんの言葉の中に生きているのです。

仏様の心とは、全てを平等に慈〈いつく〉しみ、あわれんで下さる心です。全てを差別なく、みつめて下さる心なのです。そのような心からすれば、あらゆるものは、一つ一つ尊くて、それぞれが大切なのだと気付かされるでしょう。“そのままをいただく”お婆ちゃんの言葉の背景には、仏様の心が隠されていたのでしょう。

  最後に、お婆ちゃんは、こんな事も言っていました。
“お金は大切ばい”  “でもお金よりも大切なものもあるばい”


片付け


こんにちは 副住です。

少し寒いですね。
昨日は休んでいたため、ブログで取り上げる内容がないよう(困)

調子が悪い為、自分でも面白くないギャグを綴ってしまいました。
すみません。

今日は、書斎を片付けて 勉強に集中できる環境づくりをしていこうと思います。


レンタル墓について


こんにちは事務です☆
昨日は新東松山斎場に新たな看板が設置されました。
西照寺新企画「レンタル墓」の宣伝です。

レンタル墓とは、言葉のとおり、お墓を期限付きで貸し出すという新しいタイプのお墓です。
 
現代は、転勤などがあり、ずっと同じ土地に住むということが難しい時代となってきました。
そのため「お墓は必要だけれど、先々のことがわからないので、なかなか買う決断ができない」という方が
多くいらっしゃいました。

そういう方の問題を解決するにはどうしたらいいかと皆で考えていると、ある時、「お墓は家やマンションを買うの
と同じ感覚なのではないか」との考えに至りました。家やマンションを買う時は、費用もかかるため、自分のある程度
の今後の見通しがたたなければ買うことができません。でも多くの方が皆、家やマンションを持っているわけではあり
ません。転勤などがある方などは皆さん賃貸マンションやアパートを貸りていらっしゃると思います。そこで暮らしな
がら、いずれは家を建てる資金を貯蓄されていらっしゃるのではないかと思います。

それならば、高額な費用のかかる家(お墓)はいずれ購入しなければならないけれど、現実問題として無理があるなら
とりあえずの方法として賃貸アパート(レンタル墓)を貸りておこうか☆

という発想からもっと気軽にお墓を考えられたらいいなと思い、生まれたのがレンタル墓です。

・転勤などがあり菩提寺をなかなか決められないという方。
・お墓はほしいが、子供達が結婚するかわからないので買えない。結婚してくれたらいずれお墓を建ててほしいと思っている。
・子供がいないのでお墓は建てられないが、すぐに永代墓に入るのは抵抗があるという方。
・お墓は欲しいが、経済的な理由で購入できないという方。
・ご遺骨が自分の自宅にあるので、とりあえずどこかに埋葬したいと思っている方。

このような点でお悩みの方にぜひレンタル墓をご利用いただければと願っております。
詳細は後程インターネットにて宣伝いたします。


休み


こんにちは 副住です。

3月から続いていた忙しなさも 昨日で一旦休憩です。
ようやく心から休める環境ができました。

これまでも休みはあったのですが、仕事がたまっていて
休みに たまった仕事をこなす生活であったため、心から休めることがなかったんです。

やっと昨日、心から休める日が・・・そしたら体調を壊しました。
おそらく風邪でしょうね。微熱と喉痛とダルさです。
僕は、自律神経が弱いので、ホッとすると体調を壊すんです。

でも、体調を壊すところをみると、心も身体も疲れを表出できた証拠なのだと思います。
疲れが抜けないと怖いので、体調悪いの嫌ですが若干安心もしています。

今日はそんな自虐的な内容のブログとなってしまいました。
さて、休もう


東松山 西照寺近郊 桜の名所3


皆様 こんにちわ 西照寺の住職です。

今日はめずらしく副住と一緒なので、久し振りの共作です。副住が桜の画像を載せたいというので 一緒にやってます。春らしい陽気が続き、身も心も清々しい気持ちです。
人の心は浮き沈みがありますね。安定している最近の気候のようであったらいいのですが。なかなかそうもいきません。
私たちの心は天気で言えば、晴天になったと思いきやすぐさま大雨になったり、不安定極まりありません。東松山近郊での今年の桜は天気に恵まれ比較的ながく楽しめました。
私の心も、比較的ながく安定できるような生活ができたら嬉しいのですが。
副住、今日はどこの桜ですか?

住職からバトンを受け継ぎ、桜の画像を添付します。
今日で最後です。
西照寺から車で5分くらい。
そこには川(市ノ川だったかな?)があり、川の土手には桜が連なっています。


埼玉・東松山/浄土真宗・西照寺のブログです