龍谷大学


こんにちは 副住です。

昨日は小川町にある花和楽の湯にて、足湯で温泉法話をしてきました。
できるだけ、毎週水曜日に私と吉見の福井住職と交代でやっています。
昨日は僕の番。皆さんにわかりやすいお話の内容を心がけています。
仏教に興味をもってもらえるといいな と思ってやっています。

さて、京都のご報告も。
法要が終わって翌日、母校の図書館に資料集めにいきました。
これが母校です。雰囲気あるでしょ?

資料集めを終え、夕方にお香屋さんに。
色々とお話を伺いました。続きは長くなるので後日にいたします。


750回大遠忌大逮夜(おおたいや)法要


こんにちは 副住です。

昨日、京都より帰宅いたしました。
京都のご本山(西本願寺)で15日の14時から大逮夜法要に参加。

夜のご法話に並び、一日が終わりました。
お参りはとっても沢山の人で椅子に座れなくなっていました。
私は一時間前から入堂したので、後ろの方の椅子を確保できましたが。
それでもこんな状況でした。最後方から撮った画像です。


永代墓について


こんにちは、西照寺の事務です。

最近、このようなご相談が多く寄せられるようになりました。「子供が結婚していないので、今後のお墓の管理が心配です。」「娘が皆、嫁いでしまったのでお墓を継ぐ者がいません。」など、後継者問題についてお悩みの方が多いようです。
時代背景も変わり、いろんな道を選択できる時代になり、結婚という道を選択をされない方も非常に増えております。しかし、
墓所を建立されたご両親にとっては、自分たちのお墓は今後どうなってしまうのだろうか?と非常に不安なお気持ちで過ごされている方が多いようです。

そこで、今日は、西照寺内にある「永代墓」というお墓について宣伝をさせていただきます。

「永代墓」とは、西照寺が永代にわたって管理していくお墓です。
 ●ご継承者(子供)がいない方
 ●ご夫婦だけのお墓がほしいという方
 ●友人同士でお墓に入りたいという方
 ●西照寺内にお墓があるけれど、事情がありお墓の承継者がいない方

 など様々な事情に対応できるお墓なのです。

既に西照寺内にお墓がある方でも、新規の方でもどなたでもご利用いただけます。
西照寺が永代にわたって、維持管理、読経し、お守りしていきますので安心できるお墓です。

 永代墓内には、 個人用(1人)
         夫婦・友人用(2人)
         一家・友人用(4人)
 というような納骨できるスペースが3タイプあります。
 また、合祀(お骨を皆一緒の場所へ埋葬する)ということもできます。

西照寺は現代社会に柔軟に対応できるよう環境を整えております。どうぞ安心してご利用ください。

詳しい料金などは、西照寺ホームページをご覧ください。
また、ご不明な点などはお気軽に西照寺管理寺務所までご連絡ください。ご案内させていただきます。


宣伝


皆さん こんにちは 西照寺の住職です。

 今朝 副住は京都へと旅立ちました。ここだけの話、まさか日曜日の忙しい時に住職にすべてを任せ行ってしまうとは思いませんでした。
 
 さて、お正月に今年のブログの抱負を述べさせていただきました。月の前半にお寺の宣伝。後半にご法話を一回づつ掲載していくはずでした。すでに前半が終わってしまいます。だから明日(後半になってしまいますが)事務より宣伝をしてもらおうと思っています。


キレている


おはようございます。副住です。

昨日は住職がブログに苦言を書きこんでしまい、申し訳ございませんでした。
西照寺を代表し、お詫び申し上げます。
年齢を重ねると ボヤキが多くなるようです。

しかし、珍しいこともあるのです。
住職は息子からみても、比較的温厚。
それが昨日のテレビをみて 激高。
西照寺(東松山)の住職は、まれに”キレのある激しさ”をみせる瞬間があります。
ただ最近は“キレ”がないこともしばしば、ただ“激しさ”だけが垣間見える虚しい瞬間もあります。

昨日の苦言は、久々に“キレのある激しさ”だったと感じております。
私も同じTVをみていたので、同感でした。

さてさて、遅くなりましたが、一昨日?だったでしたか?
緊急避難用具を買ってきたので、お写真アップいたします。
   
            ↑
避難用具のセットがあったのです。だから買ってみました。
結構高い。全部で一万円ちょっとしました。
開けてみると

全て袋詰めにしておきました。どこに置けばいいのか未だ迷っています。
どなたか配置に適する場所などアドバイスがあれば、教えてください。           


モーニングバードのコメンテータに懐く住職の失望


皆さま こんにちは 西照寺の住職です。

今朝、テレビでモーニングバードという番組をみておりました。
ニュースでは、佐野厄除け大師さんにて、初詣が終わると、外にあった観音様が
盗まれていたことが判ったとのことが報道されていました。お寺によれば、外にある観音様は
監視カメラの死角となっていた上、初詣のため用意されたテントに隠れ、見えない状態であった
とのことでした。 報道では恐らく盗んだ目的は売買目当てだと思われるとのことでした。

その報道の後、あるコメンテーターのコメントに私は驚きました。
コメンテーターは“大事なものであれば、カメラをつけとけばよかったのに”とのものでした。
私は唖然としてしまいました。
本当にコメントしなければならない問題は、神仏を盗むようになってしまった盗人の心だと思うからです。
盗人が日本人であったならば、事態は尚のこと深刻です。昔の日本人は神仏に有難さや怖れを懐いていたと思います。
そこにこそ、宗教心という大事な大事なものがあったと思うのです。恐らく神仏を盗むという発想すらなかったのだと思います。

それが今、神仏が盗まれる時代となった。もし日本人が盗んだのであれば、日本人の宗教心は悲しいほど薄れてしまったのだと
問題にすべきところでした。核心をつくコメンテーターなら、当然触れるべき問題だと思いますが。
辛口のコメンテーターなら、そこから飛び火して、宗教心を育てられない神社やお寺は何やってんだ!と責めてくれるでしょう。
しかし現実のコメントは、“監視できてないお寺が悪い”という真逆なコメントが。
主従が完全に入れ替わってしまってます。このコメンテーターは従(監視の問題)を主として取り上げたのです。
主の問題は、盗人の心。従として、盗まれては困るからという理由で、監視という従の問題があるだけです。

現在は、監視の問題を主として考え、盗人の心の問題を従とするような発言が 表だってされる悲しさ。
なんともいえません。
あまりに失望したので、ブログに怒りをぶつけてしまいました。
ご苦読、ありがとうございました。


思ったら行動しよう


こんにちは 副住です。

今朝は喉の痛みも治まり、身体のダルさも昨日ほどではなくなりました。
昨日、書斎でおとなしく雑務をしていたことが良かったのかもしれません。

さて、今日も一人で書斎にこもっていると(京都を延期したので、一人の時間があるのです(嬉))
緊急地震速報の音が携帯電話から。昼間でありましたが、とても不安に。
慌てて表にでて、揺れに備えましたが、西照寺で地震はきませんでした。(良かった)

昨年の東日本大震災以後、巨大地震がいつあってもおかしくないと思うようになりました。
しかし、今日の速報がなると、表にでるくらいしか対応ができませんでした。
防災の観点より、非難道具を纏めておくことの大切さを思い知らされたように感じます。
思ったなら即行動! 今からホームセンターにいき、防災用具を買いそろえておこうと思います。
それではいってまいります。


京都旅行は延期


こんにちは 副住です。

一昨日から風邪をひきそうで、酷くならないですんでます。
昨夜から京都に行こうと計画していたのを延期し、寝込むことに備えたのに
酷くなってないのは嬉しいことですが、良くもなっておりません。

さて、昨日の住職のブログを読みました。
写真と文章が上手く配列できてないとのご指摘でした
決して嫌がらせではありません(悲)
確かに見づらいと僕も思いました。
僕はアナログ人間ですので、上手くできません(言い訳)
むしろ、どうしたら上手くできるのか知りたいです。
どなたかおしえてください。

昨日から身体の関節が痛いというかダルイというか重いというか・・・
風邪の兆候と思い、京都で発熱しても悲しいので、京都にいくのを延期しました。
それなのに、悪化をしていないです。これなら行けばよかったと思いました。
仕方がないので、今日は溜まっている雑務を処理することとします。
雑務って以外に大変なんですよね。(ボヤキです)


京都の本願寺へ


皆さま こんにちは 住職でございます。

昨日の日記をみましたが、写真と文字のバランスがとれていません。
見づらいですね。副住の嫌がらせでしょうか。

さて、昨日から京都のご本山では報恩講が修行されております。
16日までです。この報恩講で、親鸞聖人750回大遠忌法要が終了することとなります。
毎年ご本山では9日から16日まで報恩講が勤められており、今回の報恩講で親鸞聖人がご往生され
750年経つということです。その機縁に与り、今回の大法要が一年かけて修行されてきたのであります。

西照寺でもご門徒と団体をくみ、約30名くらいだったと思いますが、昨年の9月にお参りさせていただきました。
とても感動的な法要でした。
副住は、最後であるからとの理由で今日から13日までご本山にお参りに行くと言っておりました。
何でも次の大法要は50年後とのことで、もう生きていないかもしれないから 今回行っておかないと
と話しておりました。
50年後はともかくとして、人間いつ死んでいくのかはだれにもわからないことですからね。
行ける時に行っておいたほうがいいでしょう。
こちらはお任せください。寛大な父より。


西照寺で雅楽を


おはようございます。 副住です。
一昨日の雅楽の夕べ画像を先方の支配人さんよりお送りいただきました。
どうかな添付できますかね。

聴衆の方があまり写っておりませんが、約30名ほどおられました。

普段はカフェやバーとして使われているお部屋だそうです。暖炉もあって、なかなか趣のあるお部屋でした。

さて、西照寺でも雅楽をしないかというご提案をうけております。
検討してみてもいいですね。
その時は、ご連絡させていただきます。
その前に・・・企画ですね(笑)


埼玉・東松山/浄土真宗・西照寺のブログです