歎異抄講座 東松山市の町カフェで


こんにちは 副住です。

ご案内です。
来月3月ですからですが、
吉見町、浄泉寺ご住職の福井学誠師と共に東松山のカフェにて
歎異抄についてお話させていただきます。
隔週で担当を変えて(福井さんと私で)、3ヶ月間やってみます。

こちらのカフェのオーナーさんが、震災の被災者の方々とのご縁があり、
そのような方でもわかるような、初心者向きに 歎異抄を読んでいくものです。

広告は福井ご住職が作成くださいました。
このようなパンフレットを作成いただくたびに毎回、感心しきりです。
興味があるかたは、是非いらしてください。
義理で来てくださる方はダメです。お断りします。
歎異抄A4チラシ(まちカフェ)


白酒


こんにちは 副住です。

今日は日差しも暖かく、近くに春の到来を感じさせてくれました。
3月3日はひな祭り。
私には娘がおりますので、雛人形を飾っております。
7段飾りとかはできないので、お内裏様とお雛様のみ。

私は小さな頃から 人形に飾られる白酒が好きでした。
子供の頃は、お酒に憧れてたので、白酒は甘くて美味しい憧れのお酒でした。
今でも飲みたくなる時があります。・・・写真には白酒がありませんね。

しかし、成人してから飲んだ本当のお酒は 美味しいと思いませんでした。
今でこそ、飲んでいる時もありますが・・・あまりお酒は強くないので たまにしか飲みませんが。

それと住職、昨日のブログはひどすぎます。
書くことないからって あれは酷いですよ。
ちゃんと書いてください。


何もありません


皆様 こんにちは 住職です。

一昨日は雪、昨日は暖かな天気、今日は雨。忙しないお天気ですね。
私も忙しなくしたいのですが。

西照寺の周りの雪もすっかり溶けてくれました。
明日のご法事も心配ないですね。
今日は書くことがありません。
これで終わりにします。


世代交代


皆様 こんにちわ 住職です。

先先日、私の予てよりの懸念事項であった問題が解決いたしました。
副住の記事にも書かれてありましたが、次期埼玉組を担う体制の中心が内定したのです。満場一致の内定となりました。喜ばしいかぎりです。
もう私などの老僧は後見人としての役目でしかないのです。
時代は変わります。今の激しい変化にお寺の世界も柔軟に対応していかねばならないことでしょう。
私も若かりし頃は、自分の感性で変化に対応してきたこともあったのです。
しかし歳を経れば、経験に裏付けされた感性は硬直化し、既に古い枠組みから抜けられないものとなっているものです。
もう時代の変化に応対できる先端ではない歳頃なのかもしれません。

だからこそ、下手な経験に頼らない若い世代の発想や、柔軟な感性が必要なのです。
そんな中に、暴走しないよう先人のアドバイスがあるのです。そのアドバイス的後見人に私の世代を使うのです。
次期埼玉組の中心は50才くらいであろうかと思います。(それでも、まあまあな歳なんだけど)
どうぞ埼玉組をよりよいものとしていっていただきたいと思います。

それと副住、これで本当に要職が回ってくるかもしれませんよ。頑張りなさい!(これは親御心です。父より)


大雪


こんにちは 副住です。

大雪です。大雪。
西照寺に大雪が降ると大変なのです。
実は西照寺境内までたどり着くには、長い坂を上ることとなっています。
坂は200メートルくらいあるのです。
実は坂の両脇には木々があって、冬の時期には日差しが当たりづらい所ができてしまいます。

雪が降ると、坂に雪が降り積もり、次第に凍る場合があるのです。
凍ったら大変、上れません。
また、雪が積もり易いのでスタッドレスを履いてないと
上れません。
どちらにしても、上りづらくなってしまいます。

今日はその不安な坂に雪が積もってしまいました。
明日、ご法事があるため、溶けるかどうか心配です。
午後から雨らしいし、明日は気温が高そうなので溶けて欲しいですけど。
さて、先ほど本堂から撮った画像です。


会議


こんにちは 副住です。

嬉しいことに、ご門徒よりコメントが入っておりました。
祝200回と、それ以上に面白かったのは、
このご門徒、個人的なホームページを開設しようかと考えておられるようです。
このブログが刺激の一助となったのでしょうか(笑)
開設できるかできないかは不問として、知らない所で影響がでるとは面白いものです。
ありがとうございます。

さて、本日は大切な日。以前から綴っておりました次期埼玉組の組長(クミチョウではなくソチョウとよみます)
を内定する会議がある日のようです。
その長に住職の名前も上がっていた時があり、住職はそれを回避するため、様々な私案を巡らせておりました。
時には、息子の私を他の役職につかせ、自分は役回りを回避するようなシナリオまで作成していたようです。
発覚した時は、今まで以上に親子対立を激化させるものへと発展したものです。

しかし時は経ち、徐々に流れが変化してまいりました。
世代交代との声により、若手の就任を望む声が高まりました。若手といっても40~50代です。
その為、住職への注目はそれてきました。
そんなわけで住職は 早朝から張り切って会議に向かいました。
しかし・・・途中で車がパンクをしたようです。
あわてて 最寄りの駅までパンクしたままの車で向い、コインパーキングに駐車し
電車で会所に向かったようです。
先ほど、パンクした車を修理屋さんに運んでくれ!と指令がきました。
幸先が悪いなあと個人的に思っているところです。

さて、車を取りにいってこようと思います。
それでは。。


大きなお墓(巨大墓)


こんにちは 副住です。

本日はご紹介をさせていただきます。
西照寺には大きなお墓があります。
今、お墓は縮小化の傾向が止まりませんが
そのような中、大きなお墓を探されている方もおられます。

やはり、お墓って亡き方の家のような感じがしますしね。
そんな理由もあって、西照寺に2つの巨大墓が建立されております。
本当に大きくて立派すぎます。
幅は約5メートル 奥行が4メートル 
高さは・・・地面からだと2メートルを超える大きさです。 

もう一つは

大きいですね。
西照寺にはあと3つこのようなお墓がたてられます。
大きなお墓を探されている方にお知らせでした。


今月の法話


こんにちは 副住です。

7月に始めたブログも、本日で200回の更新となります。
記念ですね。ほぼ毎日、西照寺のメンバーにて更新を続けてきました。
最初は いつまで続くのか?と疑問をもっておりましたが、皆さまに支えられて
継続中であります。
いつまで続くか判りませんが、今まで通りに更新できたらと思っています。

さて、以下今月のご法話です。
以前、TVで「惰性的に生きている」と語る若者が増えたと報道されているのを目にしました。
生きる意味を見失ったり、向上心がなかったり、理由は様々なようです。
しかし根源的理由を探せば、人の「死」を見せなくなった日本の社会風土に原因があるのではなかろうかと思わされました。
お釈迦様は悟りの境地より、生きることは苦であると明かされました。
それは私達の世界が「四苦(生・老・病・死)」という苦しみを常に伴っているからだと説明されます。
つまり生まれた事が原因で、「老・病・死」の苦を成立させるのであるから、「生」も又苦であると言われるのです。
この様に「生」とは、常に「死」に向かって進み、常に「死」と隣り合わせなのです。
それはコインが表裏一体であるのと同様に、私達の生き方も「生死」がセットで考えられて初めて成立するのです。
「死」を考えなくなった日本で、本当の「生」を送れるはずがないと、仏教の教えをききながら頷かされました。


西照寺永代墓(永代供養墓)ホームページ


皆さま こんにちわ 住職です。

先日、ホームページを作成していただいているポケットキャッチさんに
永代墓(他宗でいう永代供養墓)のページを作っていただきました。

副住が浄土真宗の方に限らず、一般にも開放してたいと言うので任せてみました。
とりあえず宣伝の為、ホームページを作成したというわけです。
実は以前から西照寺の永代墓をご見学される方や、お電話にてお問い合わせいただく方がおられます。
ただ、決まりとして浄土真宗の方。もしくは法名をつけられた方など、限定がございましたので、
事情を判っていただける方にのみ、ご利用いただいていたのです。

副住の考えでは、厳しい限定を見直し、よりよいものを発信していこうとの想いのようです。
そこで、始めにホームページを作ってみたようです。
そこから西照寺ブログにも入れるようです。
より多くの方に 西照寺を知ってもらえたら嬉しいですね。

http://ohtani-joen.com/kuyou/


春の気配


皆さま こんにちわ 西照寺の住職です。

朝から副住に最近私のブログが滞っている旨、指摘されてしまいました。
今日は書くつもりでおりました。そんな矢先に指摘されると気持ちも重くなります。

今日書こうと思っていたものは、朝のテレビでやっていたことです。
今年は梅が咲くのが遅く、サクラと同時期に咲いている状況になりそうだとのことでした。
珍しいこともありますね。毎年 梅が咲き 散った後にサクラが咲く。
そんな状況があたりまえであったのに、今年は両方咲いている。あたりまえではない状況になりそうです。
あたりまえでない状況と知ると、何故か注目してしまいますね。見方を変えれば、賑やかで楽しみです。

朝から自分の人間味を感じてしまいました。


埼玉・東松山/浄土真宗・西照寺のブログです