admin のすべての投稿

築地とは


こんにちは 副住です。

最近続いておりますね。すみません。
実は、気付いた方が先にブログを書くことになっており、
最近は私がその機会がおおいだけです。

さて、昨日は西照寺さんに寄せていただきました。
調布市の仙川駅から歩いてすぐのところです。
前住職様とお会いでき、お話をさせていただいたところ、
西照寺さんは、調布の前には築地にお寺があったそうです。
築地には本願寺があります。

実は築地とは、もともと海であった場所です。
今の築地本願寺は江戸初期のころ、日本橋の浜町というところにあったのですが
1657年の明暦の大火という大火事で焼失しました。
そこで、再建しようと思っていた所に、江戸の将軍より、区画整理をする為
場所を移動しろ!と言われたそうです。
移動する先の場所は幕府が提供するとのことであったのですが、
その示された場所は・・・海であったというのです。
いじわるですね。
そこで、あわてたたくさんのご門徒(信者さん)が 海を埋め立てて地を築いてくださったのです。
それが築地なのです。築地を築いてくださったご門徒さんは大阪の佃島というところから出てこられた方々です。
だから、築地の向こう側には、その方々がご在住であり、確かその地名は佃島であったと思います。

築地に本願寺が移転すると、その周りにはたくさんのお寺が建ちました。
しかし、今度は関東大震災の時、一体が火災となり焼失しました。
そこで、今度は東京都が築地に市場を作りたいと言い出し、今の築地市場にあったたくさんのお寺を移動させたのです。
そのお寺の一つが、調布の西照寺さんであったというのです。
因みに、東松山の西照寺の住職の実家(延浄寺)も、築地にあったお寺なのです。
震災以後に調布に移転しましたが・・・

調布の西照寺さんの画像です。


西照寺から西照寺へ


おはようございます。副住です。

本日は調布市の西照寺さんで歎異抄の講義。
(第12条のはじめから)
東松山市の西照寺から調布市の西照寺さんへ。
西照寺といっても、深い繋がりはないようです。
浄土真宗本願寺派は同じです。
たまたまお寺の名前が一緒なだけ。
でも、同じ名前だと親しみがわきます。
8月にもお邪魔したのですが、東松山の西照寺より歴史のある素晴らしいお寺さんでした。

さて、予習をしてから出発するといたします。
今日は土曜日だし、巷ではクリスマスイヴとか言われているから混んでるかな?


仏教


こんにちは 副住です。

寒いですね。今日は一段と寒い。
昨日の住職のブログを見ても寒い・・・

そうですね。ブツブツ言っていても仕方ありません。
振り返れば私も本当に忙しい時は、嘆くことも忘れています。
まだまだ追い込まれていないのかもしれません。
住職の言葉で気づいた気がします。

しかし、よくよく考えてみればやることが沢山あるというのは
素晴らしいことかもしれません。
仏教を学ぶと、時として辛い時に救われることがあります。

昨日、たまたま自分が書いた法話記事を読んでいたら反省させられました。
何かを食べて“美味しい”といえるのは、“まずい”ものを食べたことがあるからです。
“美味しい”と判るのは、“まずい”ことを知っているからです。
そう考えると、本当の意味で“美味しい”と喜べるのは、“まずい”ということにも感謝ができる時なのでしょうね。
“忙しい”“忙しい”と一面的にばかりみていたから、忙しいことが有りがたいと思えなかったのですね。
今、忙しいと思えるのは、過去に暇だなぁと思っていた時期があったからなのですね。
そう考えてみると、今の忙しさになんだか感謝ができるようなきがします。
仏教って、ありがたいなぁ。

それを気づかせてくれた住職ってありがたいなぁ。
ついでに、役員を引き受けてくれたら ありがたいなぁ。


師走


皆さま こんにちは 住職です。

いよいよ年末という思いがしてきました。
師走は、忙しく法師が走り回ることから師走となったと聞いたことがあります。
私も少し忙しいかもしれません。

忙しい忙しいと発言する副住へ。
師走なので坊主が忙しいのは当たり前なのです。
忙しいといっている人は、得てしてそうでないことが度々です。
さらに言えば、若い時の苦労は買ってでもしろ。とのことわざもあります。
苦労を息子にさせるのは、ひとまわりも ふたまわりも大きな器となってほしいという
親御心なのです。ライオンの親は子供を崖から突き落とすのです。
這い上がってきたときの強さが大切なのです。
だから大変言いづらいことではありますが、苦労してください。

こんな時だけ、丁寧な言葉遣いをして頼んでも駄目なのです。
頑張ってくださいね。期待を込めて住職より


住職へ


おはようございます。副住です。

毎年ですが、この時期はとっても忙しくなります。
皆さんは坊主の一日の過ごし方をご存じないでしょうね。
宗派によっても異なるでしょうが。

私の場合は決まったスケジュールはありません。
なので毎日、やることが異なります。
もちろん中心は仏事のことですが。
しかし、基本的には決まった休みなどはありません。
一日終わるころ、今日は休みだったんだ!と気づくのです。
そんな日が月に5日くらいあります。だから休みは月に5日くらいでしょうか。
しかし今月はまだ2日しかないけど。

だから、たまに妻から言われます。どこかに連れて行って!と
しかし、忙しいので無理なのです。無理だから、理解しなさい!と発言し
喧嘩になることもしばしば。

おっと、つい気持ちが入ってしまい、どうでもいいことまで書いてしまいました。
すみません。

一番言いたいのは、住職!
これ以上仕事をふられても、特に埼玉組の仕事はできる自信がありません。
どうかご勘弁いただき、住職が幹部を引き受けていただければと切にお願い申し上げる次第でございます。
どうぞ可愛い息子のために、よろしくご勘弁の程、お願いいたします。


副住の忙しなさを考えて


皆さん こんにちは 住職です。

今日は良い天気ですね。日向ではとても暖かいです。
空気は冷たいですね。

さて、副住はますます忙しくなってきますね。
今日も築地に行くといってました。
これで埼玉組の仕事など入ったら大忙しです。
私はもう少しお寺の住職を続けないといけないでしょうね。
交代はもう少し待ちましょう。


東京ミイッドタウン


こんにちは 副住です。

昨晩は、家族ででかけて参りました。
港区にある東京ミッドタウンというところで、イルミネイションをみてきました。
妻が娘に見せたいというので、結婚記念日もあり、家族で久しぶりに出かけてきました。

現地はとても混んでいました。土曜日ということもあったのでしょう。
駐車場はほとんどが満車。たまたま一つ空いていた駐車場をみつけ、停めることに。
六本木の方はあまり行かないのですが、イルミネイションの企画が賑やかなだけで
あれほど混むものなのか。と驚きました。
しかし、東京ミッドタウンのイルミネイションは宇宙を表現しているようで、規模もほどほど。
とても綺麗でした。   ただ、東松山から見に行くほどのものなのか、私は疑問を感じてしまいました。
私にはロマンスが足りないようです。


結婚記念日


おはようございます。 副住です。

昨夜、若手僧侶の会の一泊研修会より帰宅いたしました。
朝から住職に 納得できない噂をききました。
埼玉県にある浄土真宗のお寺が所属する埼玉組という団体があります。
その団体の幹部の任期がそろそろきれます。
私が一泊研修会に出かけていたさ中に、
次期体制に関して 話し合いがあったようです。
その話し合いでの噂を教えられました。

まだ、噂なのでここでは明かせませんが・・・
私にとって、嬉しくない話でした。

今日は私たちの結婚記念日なのに・・・


埼玉組


皆さん おはようございます。住職です。

今朝は朝早くからパソコンの前に座って、これをしています。
今日は暖かいようで、すでにいい天気となっています。
数日の間、夜の冷え込みも酷くはないようですね。

本日は、埼玉組という埼玉県にある浄土真宗本願寺派のお寺が
集い、会合をもちます。
そのため、朝から用意をしております。
西照寺も埼玉組という団体に属しておりますので、団体での決めごとにも参加するのです。

さて、この会合では、次期体制の幹部を決める前段階となるようです。
私は組長(ソチョウとよみます。クミチョウではありません)にはなりたくありません。
おそらく声もあがらないでしょうが、副住が 組長もあるかもよ!?と私を不安にさせるのです。

私は組長の器ではありません。不安なので経過を伺いに参ります。そんなわけで朝からドキドキしています。
おっと、朝から意気込んでしまいました。失礼


花和楽の湯


こんにちは 副住です。

今日は曇りで一段と寒く感じます。
今から、小川温泉 花和楽の湯に行ってきます。
といいましても、お風呂に入るのではないのです。残念。
温泉で法話をしてくれと頼まれ、ボランティアをしています。
毎週水曜といわれたのですが、毎週はできないので、吉見のお寺の住職
福井さんと交互に、今のところ2週間に一度の水曜日に参らせてもらっています。

一般の人に、しかも、温泉を楽しみにきている人に法話をするのですから
お寺です法話と勝手が違い なかなか難しいです。
ボランティアではありますが、勉強にもなるので、やっている感じです。
気張るといけませんので、気楽に行ってまいります。
そうそう、温泉法話は14時45分から 足湯のコーナーにてやらせていただいております。
時間にして15分くらいの短いものにしています。
皆さん、よかったら一度。