連研


こんばんは 副住です。

連載は少し休憩します。

可能であれば、月曜日から復帰を目指します。

さて、明日は日曜日でご法事が勤まりますが、

その後、午後から西照寺では、埼玉組の連続研修会

が開催されます。西照寺が会場ということです。

しかし、不便な西照寺を会場とするとは。。。

もっと駅から近いお寺だってあるのに。

明日はバスが出る日ですが、連研の時間とバスの

時刻があわないことが、難点です。


子どもまつりについて


こんばんは 副住です。

今日は来月開催する予定の西照寺子どもまつり

について会議です。

一応、日程は7月22日ということですが、

詳細などを煮詰めている最中にあります。

今年は諸々お寺の事情によって、かなり直前になって

の準備となってしまいました。

これは仕方がないのです。今年ばかりは。

ご勘弁ください。

また、正式にご連絡させてください。


お寺で文化に触れる


おはようございます。副住です。

昨日の続きです。

その場合、関連がある山の裾野部分に広がる「文化」を

見つけないと意味がありません。

関係がない全く違う山の裾野部分に広がっている「文化」

に注目しても、意味がないのです。
 
だから例えば、西照寺であるならば、浄土真宗本願寺派

という「教え」の裾野に広がっている文化。

あるいは、西照寺の住職一族という「家」に伝わっている文化。

あるいは、埼玉県東松山市という「地域」の裾野に広がっている文化。

これらに着目することで、またはミックスすることで、

他のお寺と違う、独自の「文化」を掘り起こすことができると思うのです。

あとは、見つけた「文化」が如何に多くの人々の関心を引き付けるものに

アレンジできるのか?

そこは、工夫や手腕となるのでしょう。

今の私の今後のやるべきことなのです。

因みに、西照寺文化財鑑賞会も、その一つとしての意味もあるのです。


関連ある別の山


おはようございます。副住です。

というわけで、これからのお寺は

「文化」に注目をする必要があると思います。

釈さんのその説に、私は自分なりの付け加えができる

と思っているのです。

釈さんは「教え」という山の裾野にある「文化」が大事である

と言われました。しかし、お寺は全国各地にあります。

浄土真宗本願寺派だけでも全国に1万以上のお寺があります。

つまり、各お寺は「教え」は共通だけど、地域や成り立ち、

あるいは寺院を担う家族が違うのです。

ですから、釈さんの「教え」という山の裾野にある「文化」だけではなく、

別の山の裾野に広がる「文化」を見つけてもいいのではないかと考えています。


山の裾野


おはようございます。副住です。

昨日のブログに綴った内容であるお寺の存続を考える時、

「山の裾野部分が大事」とのことですが、その内容は、

釈徹宗さんが本に書かれていたことなのです。

釈さんは、浄土真宗の僧侶で、相愛大学の教授。

現在の浄土真宗本願寺派で社会的に知られた方かもしれません。

池上彰さんや宮崎哲弥さんから対談者として選ばれている方です。

私も、これまで何度か釈さんと対談や、シンポジウムで釈さんを

パネラーとして迎え、その際、司会を務めるなどご一緒させて

いただきました。とても鋭い方ですし、学ぶことが多い方です。

その釈さんの本を読んでいた時、先述の「山の裾野」の内容

があったのです。

釈さんは、社会とお寺を繋いでいる一番強い部分は

「山の裾野」だと言うのです。

つまり、山頂である「教え」から派生した、

山の裾野部分にある「文化」。

その「文化」こそが、多くの人々との接点を作る場所であるというのです。

裾野は山頂よりも広いです。

だから多くの人と接点がもてる場であるというのです。

一方の山頂は登るまで大変だし、一部の限定された人々にしか接点ができません。 

ですから、お寺が時代時代の社会の人々から存続要請を

得る可能性があるのならば、それは一番多くの人々とお寺が

接点をもつことができる「文化」にあると言えるわけです。

多くの人にとってお寺が一番身近に感じる部分こそが、

実は山の裾野部分である「文化」にあると釈さんはご指摘くださいました。


お寺では、裾野こそが大事なのかもしれない


おはようございます。副住です。

さて、お寺の中心と言えば、私は「教え」だと思っています。

しかし、「教え」のみで寺院が1400年以上社会から

求められてきたとは私には思えません。

おそらく、「教え」を中心としたその裾野の部分。これが大事。

山で例えると、山の山頂の中心が「教え」だとして

「教え」から派生した多くの「何らかのもの」が

山の裾野を作っているということです。

例えば、キリスト教であるならば、「教え」は聖書。

その聖書にあった物語を絵として表現してみよう!となって、

始めて宗教画が描かれた。これが絵画の誕生だったと聞いたことがあります。

つまり、「教え」から宗教絵画が派生した。

当時は宗教画(神との関係)しか描いてはいけないルール

だった時代もあったそうです。

その後、時代が下ってルネッサンスで

宗教絵以外にも書かれるようになって

西洋絵画が発展したと聞きました。

そのような例えであると、「教え」=聖書が山頂の中心。

そこから派生した宗教絵画・あるいは絵画が、山の裾野。

と言えます。

宗教絵画が教会などの壁面などに描かれたりすることで、

教会に観光に来る人がいる。あるいは、教会が大事に扱われる。
(絵画は、裾野の一例にすぎません。その他にも多くの裾野があります)

ある種、そんなイメージで、教会が時代を超えて社会的な存続を

認められてきたのだと理解ができます。つまり、経営ということ。

そう考えると、教会も「教え」だけで存続(経営)してきたわけではなく、

山の裾野部分に支えられてこそ、長い歴史の中で社会的な存続

要請がなされてきたのだと思います。

それを日本のお寺に当てはめるならば、どんなことが言えるのだろう?

と思っているのです。


今日は第二土曜日:西照寺法話会


おはようございます。副住です。

本日は第二土曜日、西照寺法話会の日です。

場所は西照寺本堂

時間は13時半から 読経
   14時から  ご法話

前回から歎異抄を読み始めました。

先月、法話会をお休みしたので、

今回も、前回の復習を兼ね、歎異抄の

始めから話をしていきます。

どなたでも、ご参加いただけます。

参加費は無料です。


お寺の本質


おはようございます。副住です。

さて、お寺って随分長い歴史があります。

日本の歴史を見てみると、聖徳太子が仏教を

取り入れ、四天王寺や法隆寺を建立された!と

習いました。

ですから、600年頃にはお寺は日本にあったわけです。

その後、現在まで1400年ほど続いています。

私の関心は、何がお寺をこれほど長く日本に存続させて

きたのだろう?という部分です。

1400年も経っていれば、その時代その時代で

常識だって変わるだろうし、習慣だって変化してきている

はず。もちろん、価値観だって変化してきているはずです。

しかし、お寺は絶滅しないで残っている。
(もちろん、個々のお寺という意味では、廃寺になったりしてますが)

時代を超えて、お寺が残っている本質に、私は興味があるのです。

これからの時代、特に変化が異常に早く、価値観さえもがバラバラに

なっていく時代と言われます。どんな業種であれ、存続する保証はありません。

お寺もある意味、同じだと私は思っています。

ただ、お寺には1400年続いてきた!という歴史と事実があります。

それは、時代時代に存在を望まれてきたことを意味しているわけです。

だからこそ、その本質を見極めることが、今後、お寺が滅亡しない

道に繋がるのだと思っています。

そんな関心事を心に秘めながら、活動をしているここ数年です。

でも、なかなか答えに至りません。

ずいぶん、難しい道です。


常識を疑うことから・・・


こんにちは 副住です。

連載の投稿内容に戻ります。

そもそも長い時間、常識が常識のまま成立するには、

その都度常識を問い直す必要があると思っています。

昨年の常識は今年の常識とはなり得ないこともあるからです。

それが諸行無常でしょう。

もちろん去年の常識が今年の常識ということもあります。

問題は、常識を判断する私たち一人一人が、

「常識」に対して主体的に考えているかどうか?だと思います。

「常識」を疑うことから、新しい突破口が見えてくる時

があるし、そこから面白さが加わってくる場合だってあるのです。


今日の報告


こんばんは 副住です。

今日は「西照寺文化財鑑賞会 2018 春」でした。

10時から開場し、30分ほどしてから途切れること

がなく、鑑賞会に来て下さる方がおられました。

嬉しかったです。

また、JCで一緒に活動したTさんご夫婦も

個人的に来てくださったことは、とても嬉しかった

です。情報を知って、来てくださったようです。

ただ、ゆっくりと説明や対応ができなかったことが

申し訳なかったと思いました。後日、感謝を伝えます。

それにしても、終了時刻の15時まで人が来てくださった

ことは、本当に有り難いことでした。

明日まで鑑賞会はありますが、明日は平日だし

どうだろうな。と思います。

一日のみと勘違いした父は、外の幟を下げてきてしまいました。

明日もあるのに。


埼玉・東松山/浄土真宗・西照寺のブログです