カテゴリー別アーカイブ: SNS公開

SNS公開分

孤独死を「心配」する問題 


おはようございます。副住です。

最近、孤独死に関するニュースが話題となってますね。

私は頻繁に、ネットニュースをチェックするのですが、

最近、私が気になる話題が、「僧衣での運転について」の

ニュースと、「孤独死」に関するニュースです。

「僧衣での運転について」の話題は、後日にしましょう。

今日は「孤独死」についての記事と、それに関して思うことを

綴りたいと思います。

まずは、こちらの記事です。

葬儀現場の悲痛

そして、こちらも

自分の孤独死「心配」

両記事ともに、最近アップされたニュースです。

最初の記事が、週刊女性PRIME。そして後のが朝日新聞デジタル

の記事。

週刊女性PRIMEは朝日系列でもなさそうなので、両記事は

別の母体から出されているという事実が重要。

「孤独死」に関して、何か大きな情報がだされたのかもしれませ

ん。そう考えると、朝日新聞の世論調査が影響したのかもしれま

ないとも受け取れます。

さてさて、ここではそのような裏掘りが大事なのではなくて、

記事の内容にフォーカスしてみたいと思います。

私は以前、宗派の研究所に属していた時、首都圏で葬儀の調査研

究を任されておりました。

当時は首都圏での直葬が話題となっていた時期であり、

宗派としても、今後葬儀がどうなっていくのか?と気になった

のでしょう。特に首都圏の事情というのは、いずれ全国に派生

していくこととなるので、重要な位置づけだったわけです。

その際、私も色々な葬儀社さんから聞き取り調査をしたのですが

、「直葬」の背景には「孤独死」という現代事情もあることを

知ったのです。さらにそこから派生した「遺骨問題」もありまし

た。

「直葬」とは、葬送(死から埋葬に至るまでの一連の流れ)の

過程の中に、宗教儀礼などを行わないで、直接遺体を火葬して

しまうことを言います。(定義は葬儀社さんによって違い、はっ

きりしていませんが、おおよそ、そんな理解で良いと思います)

直葬は昔からあったようで、特に身寄りのいない自死者の方が

おられた際に行われていたとのことです。

警察が検死し、その後、ご遺体の引受人がおられない時に、

ひっそりと直葬が行われていたのです。

それが現代、葬儀にお金をかけたくないというニーズが高まり

極端な直葬が広まっていってしまったというのです。

ただし、気を付けないといけないことは、「お金がかからない」

=「直葬」とのイメージが先行してしまい、直葬の内容をしらな

いで、「直葬でお願いします」と依頼してくる方が多いという

事実でした。喪主さんは、「直葬」を、親族だけで葬儀を行う

「家族葬」と勘違いしているとのことです。

しかし、「直葬」専門業者さんは、「直葬」だけで利益がでる

仕組みを確立しているので、「直葬でお願いしたいのですが」と

依頼されると、喪主さんに「葬儀は行わないで、直接火葬しま

すが、それでいいのですね!?」と確認することなく、

進めてしまうそうです。それで、喪主さんは、「直葬」の実態を

勘違いしたまま、ご遺体が火葬され、後で「こんなはずでは

なかった」と後悔されることが多いと、当時葬儀社さんから

聞きました。今は、だいぶ直葬の認知もすすんだのでしょう。

最近当時ほど、直葬が話題にのぼることも少なくなって

きたように思います。

もっとも、直葬はある程度の頻度で今後も続くと思います。

しかし、落ち着きをみせるでしょう。

さて、ご遺族がおられる場合の直葬とは別に、ご遺族が

おられない場合が問題なのです。孤独死の直葬。

当時、その事実を聞かされました。

つまり、少子高齢化の現代日本では、そもそも子どもが

おられない世帯の方々が多いという現実です。

現在は核家族。昔のように土地に居続け形成されている地域社会

とは違います。親族も住んでいる場所はバラバラ。

また、親族とも疎遠な家は当然のように多くあります。

ご法事のあり方をみていてもそうです。

親族を呼ばずに、2~3人でご法事を勤められる施主さんは

もはや普通に近づいています。(もっとも回忌の年数によって

も異なりますが)

そのような状況ですから、子どもがおられない家庭で、どなたか

が亡くなる。すると自治体は親族を探して、以後の手続きなどを

任せようとする。しかし、それが上手くいかない(引き受けな

い)ケースが頻発するという現状が現代なのです。

そこには、疎遠だったり、関係論だったり、人間としての薄情な

部分であったり、様々考えられると思います。それは誰も責める

ことはできません。仕方がないことなのです。

問題は、そのような現状があるという事実です。

現代社会は、あまりに個人を優先しすぎたせいで、自己責任論が

強い風土です。ですから当然、自分の死後のことについても自己

責任論として考えていかないといけないこととなってしまってい

ます。つまり誰にも頼れない。

しかし、ある意味矛盾してしまっているのです。

自分が死んでしまっているのに、自分の死後のこと(連絡や手続

き、火葬・埋葬の実務)をどうやって考えればいいのでしょう

か?無理です。

当時から、私はこの問題について、いずれ大きな問題となるだろ

うなぁと考えていました。ようやく、そんな実態が朝日新聞の

世論調査で数値として表れてきましたね。

おそらく、高齢世代がようやくそのことを意識し始めてきた

ということでしょう。

私は、この件について昔から考えていたので、ある案をもって

いるのです。それを数年前に行おうとしていたのですが、

時期尚早だったと思っています。途中で無理だろう!となりまし

た。しかし、状況がそれを許さないほど差し迫ったならば、

もしかしたら、事態は変わるかもしれません。

今年から、実際に私の案(皆で支え合いながら、孤独死を乗り越

えていくシステム)を、もう一度実現できるか呼びかけてみよう

かと思います。全てはやり方なんです。

無理なことなんか、ないのです。ただ、出来ない。無理。と思う

ことで、先の可能性を潰してしまいます。出来なくしているのは

自分なんです。

問題なんて乗り越える為にあるものだと思います。

皆で先の世界を築き上げていきたいと思うのです。

 

 

 

 

 

 


西照寺別院 新東松山斎場 内覧会、及び事前説明会開催のご案内


おはようございます。副住です。

西照寺別院 新東松山斎場の改装が終盤を迎えています。

11月末日までの工期予定です。

以後、もしもの事を考え、12月10日まで閉所を考えておりますが

12月11日からリニューアルオープン(再開)する予定です。

その前に、事前内覧会や説明会を開催します。

近日中に葬儀社様を中心に、ご案内状を郵送させていただきま

す。

もし、ご案内状が届かなければ、直接、西照寺までお電話いただ

ければと存じます。

事前説明会・及び内覧会は、

12月6日(友引)    10時~

12月9日(友引前)16時~

西照寺別院 新東松山斎場に於いて行います。

上記日程は、別日ではありますが、同じ内容となります。

約1時間ほどで終わる予定です。

資料のご用意もある為、ご案内状には、事前のお申し込みを

お願いしております。


寺院葬


こんにちは 副住です。

今日は自坊でお通夜が勤められます。

寺院での葬儀が最近、多くなっています。

そもそも、ご葬儀は寺院で行うことが

私は相応しいと考えているので、今後

推奨できればと思っています。

近年は、多くの会葬者が集う葬儀が減ってきており

家族や親族だけで小規模で行う葬儀が多くなりました。

従って、会場も利便性という面だけで選ばれなくなって

きました。

そこで、注目を集めているところが、お寺の本堂なのです。

仏教葬儀であれば、そもそもがお寺の本堂ほど相応しい場所は

ないのです。

だって、浄土真宗本願寺派の寺院の本堂は、亡き方が往かれる

世界を表現しているものなのです。

だからこそ、最もふさわしい場所だと、私は前から思っています。

今後は、寺院での葬儀が多くなるのではないかと思っています。


2018秋 西照寺文化財鑑賞会


今日のブログは二本立てです。

日々の連載と関連があるイベントを明日明後日と開催します。

「2018秋 西照寺文化財鑑賞会」です。

「本物」を、実際に手で触れ、体感いただける会を目的として

います。

西照寺 文化財鑑賞会

開催についてです。

開催期間:2018年11月2日~3日

時間:10時~14時まで

場所:西照寺本堂(埼玉県東松山市大谷2560-4)

お問合せ (0493-39-1445)

因みに、以前お越しくださった方が、写真などを含め、ブログで

アップしてくださっていたので、そちらもご紹介させていただき

ます。

西照寺文化財鑑賞会 本物を体感する

 

 


本物とは何か


こんにちは 副住です。

「本物」とは何か?

今回は、「本物」について連載していこうと思います。

・「本物」とは何だろう?

「本物」・・・それは、「本物」に触れることから、知り得るも

のである。

よく「本物になりたければ、本物を持つことだ」などと、言われ

ることがある。

その理由は「本物」に触れた経験がない人にとって、「本物」と

は、何か?がわからないから。「本物」を持つことで、日々それ

に触れながら、「本物」の基準を身につける必要があるというこ

とだと思う。

一方で、「本物」に触れた経験のある人でも、「本物」から伝

わってくるインパクトを受け取らなければ、「本物」ということ

を知り得ることはできないだろう。

つまり「本物」とは、「本物」を知っている人にしか、わからな

いものなのだと思う。それはおそらく理論ではない。感性によっ

て把握できる境地なのだ。もちろん、ある程度は理論を説明はで

きるはずだけど、理論だけで「本物」を知ることはできないの

だ。続きはこちら

本物とは何か2


比企地域 経営者独身男性との出会い 街コン


おはようございます。副住です。

比企地域にご在住の経営者の独身男性の皆様。

いやいや、それだけではなく、独身女性の皆様。

年齢に限定はあるものの、こんな企画をご紹介いたします。

恋活物語

上記「恋活物語」をクリックしてみてください。

つまり、私も参画する「比企応援プロジェクト」が主催する

街コンのようなものです。ただし、真剣です。

特に、私がこれまでJCなどで出会った経営者独身男性が

未婚のまま、過ごしているのです。

勿体ない。

そんな未婚男性経営者に出会いの場を提供し、欲を言えば

結ばれて欲しい!

ひとまずは、第一弾として、男性は経営者の独身男性に限定。

経営者の独身男性限定だったら、女性も出会いたいでしょう?

私たちは真剣なので、真剣に出会いを考えたい方に来て欲しいの

です。ですから、真剣に考えている方に来て欲しい。

もちろん、真剣に考えるけど、まずは出会ってみないとわからな

い。そのような考えでも構いません。

 

さて、比企応援プロジェクトについてです。

現在もそうですが、今後、日本は人口減少社会。

中小企業でも、後継者が不在の為、買収されたり、

廃業したり。地域にとって、企業の廃業は大ダメージ。

そんな問題をまずはどうにかすべく、比企地域を応援しよう!

と立ち上がった有志が集い「比企応援プロジェクト」を

立ち上げました。その第一弾の取り組みが、この「恋活」。

JCではないけれど、JCのOBがJCの経験を活かして、

あるいは、JCメンバーではなかったけど、地域を盛り上げたい

と思うメンバーが集っています。

本格的な活動は、これからですが、興味のある方、ぜひ、ご連絡

ください。一緒に地域を盛り上げてみませんか?

楽しいと思いますよ。仲間になりましょう。

 


BSジャパン 日経プラス10 


こんばんは 副住です。

あぁ~。12時を回ってしまった。

今日(12日)になってしまいました。

更新するのが、遅かった。

今日はレンタル墓の取材を受けました。

お盆なので、特集するようです。

その一つとして、レンタル墓が取材された

ということです。

ただし、今回はBSジャパン。

日経プラス10という番組のようです。(確か)

私はBS見れないので、よくわかりませんが、

おそらく15日に放映されるのだと思います。

直前でしたが、何とか終えることができました。

BS見れる方は、見て見てください。


へいわフォーラム2018 築地本願寺 9月17日


こんばんは 副住です。

私が勤めている教務所でイベントを企画してます。

へいわフォーラム2018

申し込みは、築地本願寺のHP

へいわフォーラム2018

こちらのサイトの中にリンクされてある部分から申し込みができます。

申し込みすると、当日の座席が確保できます。

因みに、講師の小木戸さんの活動は、今月の報道特集(土曜日)で

おそらく放映されるはずです(台風とかで放映日がズレなければ)。

放映される内容について、より詳しく「へいわフォーラム」では語ってもらいます。


へいわフォーラム2018 


こんにちは 副住です。

個人的な理由で、ブログを少し

お休みしておりました。

というのも、7月末は築地関係の

仕事で忙しかったのです。

もう少しで落ち着くはずなのですが。

さて、私たちが築地で進めている行事があります。

それがこちら↓
へいわフォーラム2018 

平和について、皆(ご門徒や一般の方も含め)で考える場として

行っている行事なのです。

今年は小木戸利光さんをお招きして、お話しをいただきます。

小木戸さんの取り組みは、今、注目されていて

近日、TBSの土曜日の夕刻に放映している報道特集で放映される

予定です。本来は、今月4日に予定されていた放映ですが、

先日の台風情報の関係で、延期となったようです。

放映日が決定したら、再度ご連絡いただく予定です。

この特集の中で、私たちが計画している上記行事も

ちょっとだけ、取り上げられると思うのですが・・・

この行事の企画と告知に向けて、7月末に追い込みが

あったというわけです。


2018 西照寺子ども祭り 熱中症にお気をつけください。 


おはようございます。副住です。

今日は「2018 西照寺子ども祭り」の準備です。

今年は連日、もの凄い暑さなので、熱中症に

気を付けねばなりません。

可能な限り屋内で遊んでもらうよう

呼びかけようと思います。

それと水分摂取をアナウンスします。

屋外のイベントは、なるべく時間を区切りながら

やっていきたいと考えてます。

ただし、常設のスーパーボールすくいとか、

キックターゲットとか、水鉄砲射的とかは

休憩をはさみながら、やっていくよう

大人の方にも呼びかけます。

ご来場の親御さまにも、是非ともお子様の熱中症

に気を配っていただきたく存じます。

折角、子どもに楽しんでもらおうと

思っても、この暑さばかりは、どうにもならず。

また、熱中症対策として、涼しい部屋を用意し

氷やアイスノン、保冷剤なども用意しておこうと

思います。

熱中症になる前に、十分気を付けましょう。

子どもは楽しいと、水分補給など忘れてしまいます。

私たち大人が気を配り、大人全員で注意したいと

思います。是非ともご協力をお願い致します。