ご法事とJC例会


こんにちは 副住です。

今日は土曜日、ご法事がありました。

西照寺のご法事は、多くがご本堂で勤まります。

しかし、稀にご門徒のご自宅や霊園に呼ばれて

ご法事を勤めることもあるのです。

今日はそれに該当です。練馬区のご自宅まで

寄せていただきました。ご自宅のお仏壇の前で

ご法事です。このようなご法事も大切なんですよ。

お仏壇の前!のご法事。

その後、西照寺に戻ってご法事を勤め(間に合った)、

その後、すぐに今日は比企青年会議所の例会

があったので、途中参加してまいりました。

愛心育成委員会が手掛けた例会。

「ハロウィンパニック」です。

愛心育成委員会とは、内実は人材育成を担当する委員会の

今年の名前。ですから、例会の目的は、メンバーを主とした

人材育成(もちろん、地域の人材育成の例会の場合もあります)

でした。今日は、メンバーとその家族、そして昔からお手伝い

いただいている大東大のダンスサークルの有志の皆さん

(心はメンバーだと思っています)と共に、パーティーを

しました。そのパーティーの中で、出し物をしました。

出し物をする為に、この企画を理事会で審議上程し、それが理事

会で通過した直後から、家族も含めたJCメンバーを3班に振り分

け、チーム編成を行い、各班が例会までに練習をしたり、

出し物の完成度を高める! それはそれはこの忙しい最中に、

学生みたいなことを行い、共有する時間を増やすことで、

家族を含めたメンバー間のコミュニケーションを深め、

絆の大切さを学ぶことを目的としたものだったのです。

今日がその本番。皆を巻き込んで、正直JCでどこまで一体感が

持てるのか、それを試した例会でもあったと思います。

普通であれば、そんな無駄な事して!と思われるかもしれません

暇な人たちだな!と思われるかもしれません。

しかし、正直猛烈に忙しいメンバーが、頑張って時間を作って

どこまでできるのか、どこまでメンバーが纏まることができるの

か、そもそも纏まろうと意識が一致できているのか!?

などなど、これまでの活動を踏まえ、一歩先に進めるのか、

進むつもりがあるのか、そのような事を本気で考える機会に

この例会が、その切っ掛けとなったのではないだろうか!?

と思いました。この例会で終わりではなく、この例会をどのよう

に持ち帰るのかが、とっても大事です。比企JCのOB、Uさん

このブログをまだ見ていたならば、絶対食いつきたくなるくらい

熱い時期となっているんですよ。このまま冷めていったりして。(笑)

 

 

 

 


期日前投票


こんにちは 副住です。

今度の日曜日(22日)は衆議院選挙です。

私は忙しない為、本日期日前投票をしてきました。

結構人がおりました。

私はこれまで毎回、選挙の当日に投票してまいりましたが、

初めての期日前投票。投票を終えると、読売さんから出口調査を

求められました。初めての出口調査。

初めて尽くしの選挙でした。

貴重な一票です。皆さん、権利がある方は是非投票しましょう。

 


レジュメ作成


おはようございます。副住です。

昨日、急に今月末に研修を行う上で講師をするように!

との指令というのか、お願いというのかが届きました。

研修は4日間。それぞれ1時間一コマ。

その内の2日間は、そもそも築地に行く予定でしたので

問題なかったのですが、あと2日は、築地に行く予定はしていな

かったので、増えちゃったよ!😢 との思いが・・・

しかし、大事な研修会だと私も理解しておりますし、

築地本願寺の為に、できることがあれば!という気持ちで

お引き受けさせていただきました。

その後、よくよく考えたら、研修会用に資料などを作った方が

有意義であると思い、資料作成することに決めました。

時間がないなかで、頑張らないと・・・

 


武家屋敷


こんばんは 副住です。

16日の月曜日から翌日まで、秋田県に行ってきました。

角館。

人生で初めて秋田県に行ってきたわけですが、

秋田はとても良い場所ですね。でも人口が少なく、過疎化が

気になりました。

角館では、武家屋敷を見てきました。

今回秋田に行ってきたのは、とてもお世話になっている

お寺のご住職様ご夫妻の為と名うった、私の勉強の為

の旅行です。つまり、慰安旅行と名をかりた研修旅行。

武家屋敷は、とても勉強になりました。

今後の文化財鑑賞会の企画の基礎固めをするための

資料となりそう。そのような意味も含めて、お寺の

研修旅行的な位置づけです。

この通り沿いに武家屋敷が並んでいます。

当時はこのような屋敷だったのですね。江戸時代。

 

 


親鸞聖人御旧跡


おはようございます。副住です。

昨日の続きです。

善光寺さんの参道脇にこんな看板が。

親鸞聖人は善光寺に来たと言われていますので、旧跡があるので

すね。因みに、なぜ親鸞聖人が善光寺に来たかと言えば、善光寺

のご本尊は、阿弥陀如来だからです。

実は日本に仏教が伝来したのが、この善光寺の御本尊であったと

言われていたりします。日本史では、蘇我氏が物部氏を破って

仏教を取り入れたと習いましたが。その数十年前に、阿弥陀如来

の仏像が日本に伝来していたと言われている説もあるのです。

因みに、親鸞聖人の在世中、善光寺の本堂が焼失して、建て直す

お金がなく、困っていたというのです。そこで、善光寺の本堂を

建てるため、僧侶が各地を廻って活動し、寄付をいただいていた

僧侶が複数いたと言われています。いわゆる善光寺聖(ぜんこう

じひじり)と言われます。各僧侶が背中に、善光寺の本尊、

阿弥陀三尊像の小さなレプリカを背負って、各地を巡っていた

というのです。親鸞聖人も善光寺聖として、一時期活躍したの

ではないか?という学説もあるのです。有名な先生もその節を

とっています。ただし、その際背負ったであろう阿弥陀三尊像

が見つかっていないので、決定的な証拠はありません。

そんなこんなで、善光寺と親鸞聖人は関係があると言われていま

す。たぶん、私も善光寺に行かれたことはあるのだろうと

理解しています。そんな背景から、上記写真で書かれてある

ように、親鸞聖人が滞在された坊と書かれてあるのでしょう。

三百日も滞在されてたと書かれてありますが、そこまでは

よくわかっていません。伝承かもしれないし、事実かもし

れません。さて、その坊の写真もとってきました。

もちろん、当時とは変わってますが、雰囲気ある場所ですね。

 


現地研修会の2日目


こんにちは 副住です。

昨日の続きです。

現地研修会の2日目は、戸隠を出発し

信濃方面に向かいました。

本願寺派のお寺さんに立ち寄り、ご住職より

お話しを伺いました。

このお寺さんでは、戦争時に梵鐘などが没収された過去を

教えていただきました。当時は、武器に使用する原料調達が国内

でも行われ、お寺もその対象となっており、多くのお寺では、本

堂においてある鐘や梵鐘などが国に没収されてしまったのです。

このお寺でも、梵鐘が没収されてしまいました。

その名残として、現在も残されているのが、これです。↓

当時からある鐘つき堂です。

ただし、吊るされているのは、鐘ではなく

石です。鐘は没収されてしまったので、石を吊るしているので

す。何故、石を吊るしたのかといえば、鐘つき堂が壊れない

為にです。話を聞くと、鐘つき堂は、鐘をつけることを前提に

建てられている堂であって、鐘がなくなると、堂が風などで

倒壊してしまうのだそうです。つまり、重しがないと飛んで

しまう恐れがあるため、鐘の代わりに石を吊るしているのだ

そうです。私も知りませんでした。

こんなものを見たのは初めてです。

1時間ちょっと、お話しを伺い、その後、長野市の善光寺さんに

善光寺さんの入口です。

山門なのかな!? これを通って、いよいよ本堂です。

やっぱり立派ですね。私も何度も来ていますが、改めて凄い。

 

 


現地研修会


こんばんは 副住です。

只今、長野より帰宅してきました。今は17時半です。

昨日より、東京教区という浄土真宗本願寺派の地域エリアの行事で

現地研修会という行事があるのですが、私は東京教区における

運動推進の主幹という立場でありまして、研修会に参列してまいりました。

現地研修会とは、特に人権問題や、差別問題などの学びを深める為に、現地に行って

研修を積むというものです。

今回は長野に行き、差別戒名について、曹洞宗のお寺さんを訪ね、ご住職にお話しいただき

研修を積んできました。

その後、本願寺の長野別院に参拝。(善光寺さんの近くです)


お参りをさせていただきました。

そして、バスで戸隠の旅館に移動し、宿泊しました。

明日は、2日目のご報告を致します。


出張


おはようございます。副住です。

昨日は築地本願寺に出勤しており、帰宅も遅くなってしまいました。

更新も出来ずじまい。

そして今日も、今から長野に行ってきます。出張です。

ちょっと資料作りなど、雑務が溜まっているので、そちらに専念したい

気持ちもありますが、長野で時間が空いた時にでもやってしまおうと思います。

パソコン持参です。


帰省


こんばんは 副住です。

一昨日から山口県に行ってました。

義母の一周忌法要の為、法務を住職に任せ家族で行ってきたのです。

7日の朝に出発し、新幹線で新山口駅まで。

その後、レンタカーで妻の実家へ。

実家までは、8時間ほどかかります。

凄い遠い。

義母の一周忌は、お寺さまの都合で9日に勤まりました。

今日の10時からご法事を勤め、私たち家族はお昼過ぎに

実家を出発。まだ、参列者の皆さんと食事をとっていた際でしたが

明日の予定もある為、仕方なく一番先に失礼してしまいました。

お昼過ぎに出発したのに、順調にいって20時過ぎに自宅に到着。

遠い。

しかし、三連休ということもあり、とても混んでいました。

私もある意味で休みだったような気もしますが、義母のご法事ということで、

準備などに動いていたので、休みとは言えないように思ってみたり。

因みに、空いた時間に本願寺新報の記事を作成したりしていたので、

やっぱり休みではありませんでしたね。

お陰で、本願寺新報の記事を書き終えることができました。

あとは、提出後の先方の編集です。

あー、凄い言われるんだろうな。恐怖。


埼玉・東松山/浄土真宗・西照寺のブログです