声がかすれて


こんにちは 副住です。

ずいぶんシツコイ風邪で、熱はないのに

咳と鼻づまりが酷いのです。

特に咳が酷く、昨日から、声がかすれています。

喉が痒い状態です。

無理して、読経すると声が枯れてしまうと

父が心配してくれて(父は経験者)、お寺での

ご法事を父が全てやってくれました。

私は外のお参り(1件)だけを担当。

30分程度の読経でしたが、途中咳き込みそうに

なり、我慢をし、何とか終えました。苦しかった。

しかし、声が出なくて小さかった。

自分でも何とも不思議な感覚でした。

父のおかげ様で、声が枯れずにすんでいますが、

今朝は、昨日よりもかすれています。

明日もご法事があるんだけど、なんとか

復活したいものです。

取りあえず、今日は研修に行ってきます。


大掃除


おはようございます。副住です。

昨日は、西照寺法話会の日で、

12月は、大掃除を行います。

昨日も大掃除をご門徒の皆様と

行うことができました。

ありがとうございました。

もちろん、年末まで時間はもう少し

あるので、今後、大掃除をお寺でも

行います。

それにしても、もう今年も終わりか。と

考えると、本当に早いですね。

あと20日ほどありますから、今年の締めに

向けて、残っているやるべきことを粛々と

進めて行きたいと思います。

 


大掃除


おはようございます。副住です。

今日は第二土曜日、西照寺法話会の日です。

毎年12月の法話会は、西照寺本院の大掃除と

しています。

普段は、13時半からの開始なのですが、

今日は13時から開始をし、14時半に終わります。

1時間半の大掃除。

私は風邪をひいてしまい、声がでづらいので、

マスクを着けて、掃除を行おうと思います。

因みに、今日は12月8日で、成道会の日です。

成道会というのは、お釈迦様がお悟りを開かれた

日です。それで成道。会とは、その日を機縁として

法要などを行うことです。人々が集うということの意味も

あります。それらを併せて、成道会。

築地本願寺では、12月8日、成道会が勤まります。

 

 


人間って


おはようございます。副住です。

2日間、ブログの更新を忘れておりました。

今まで、忘れることはあまりなかったのに。

少し、色々と懸案事項があったので、忘れて

しまったのかも。

12月に入り、連日予定が詰まっております。

そんな中、妻がひいていた風邪をもらってしまいました。

最近、流行っているようですね。喉が痛い。

鼻が詰まる。咳がでる。扁桃腺が腫れてそう。しかし熱はない。

だからこそ、活動できてしまう。

そこそこスケジュール調整していたはずなのに、21日までは

ほぼ連日予定が詰まっています。こんなはずではなかったのに。

意識していたのに、結果として、連日予定が詰まってしまった

現実を考えると、やっぱり、スケジュール調整の仕方が悪いので

しょう。何でもかんでも関わりすぎなのだと思います。

何でもかんでもできるわけではないのだから、関りを

減らしていく必要があるのだと思っています。

わかっているのに、わかってない。

人間、そんなものです。

 

 


有志の会 (宗派を超えて)


こんにちは 副住です。

昨日は寒かったのに、今日は暑いくらいです。

なんだか、変な気候です。

私は暖かい方が好きなので、嬉しいですが。

昨夜は他宗の縁ある同世代の僧侶の皆様と、久しぶりに

お会いし、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

実は、ある団体を通じて、各宗の有志が集い、有志の会が

結成されたのが、1年か2年程前。その時は、1年を通じて

数回集まって、一日5時間程度、議論を行ったことがありました

。だから全部で数十時間の会議で議論をした仲となります。

皆、宗派が違う方で結成された不思議な会だったのです。

一つの節目を迎え、会の活動は違う分野へと展開し、

私は教区の仕事で忙しなく、宗派的なこともあって

ご無沙汰してしまうこととなりました。

昨夜は久しぶりに、その会のメンバーに数人が加わった十数名が

集いました。

因みに、この会の仲間は、皆尊敬できる僧侶の方々で、とてもエ

ネルギッシュな熱をもつ方々。

私は、何故か知らないけど、馬が合う!というのか

話しをしていて、とても楽しい。

昨夜は、久々に楽しく、ちょっと時間が足りなかったようにも思

うくらいでした。

でも、終電のこともあるから、仕方なかったのですが。

その際、ちょっとした仏具の交換を行い、私はコツ(如意)を

入手することとなりました。これもご縁です。

その後、諸々説明をお聞きし、大変貴重な仏具であることを知り

大事にさせていただこうと思いました。

それにしても、久々に楽しいひと時でした。

ありがとう。

 


宴席


こんにちは 副住です。

昨日から気温がグッと下がったように

感じます。寒さが増しましたね。

12月に入って、私は結構忙しなくなっております。

10月頃は、12月の予定はあまり入ってなかったので

12月が来るのを、楽しみにしていたのですが、気づいたら

結構予定があるのです。

時期的なこともあり、教務所(築地関係)関係で宴席も多く予定

されております。

私は夜は早く自宅に帰りたいタイプだし、

あまりお酒も好きではありません。

お付き合いという点から言えば、付き合いが悪いタイプなのだと

自認しています。

しかし、世俗的には、それではダメですね。

ほどほどが大切なのです。それは自覚しているつもりです。

でもほどほどではなく、真っ先に帰ってしまうし、飲みにも

あまり行きません。

だから今月は「ほどほど」を大切にしないといけないと、頭で

は理解できてはいるのです。気持ちがついてこれるか?が問題

ですが。

理想を言えば、宴会が多い今月は、できれば場の雰囲気を崩さず

にソフトドリンクで乗り切り、よもや一次会で失礼する!という

のが理想形なのです。

しかし、それが許されない時が多々あるので、それが一番悩まし

い問題ですね。

稀に失敗するケースもあり、その場合は3次会まで突入し、帰り

が終電となる場合もあります。

これまでの人生で、何度も失敗を繰り返してきました。

(ここで言う失敗というのは、一次会で帰ることを拒否され、

捕まってしまう!というケースです)

お酒が好きでなくても、宴席に声をかけてくださるだけ、

有り難いのかもしれません。全く声がかからないと、それは

それで寂しいものなのかもしれません。

それは思うのですが、やっぱり帰りたいものは帰りたい。

どうしてこのように思うのでしょうか?それが最大の謎な

のです。

 


正法寺 観音フェス


こんにちは 副住です。

昨日は12月の出だしから、更新を途絶えさせて

しまいました。すみません。

今日も含め、朝から晩まで忙しないのです。

今日は朝から地域の仕事で、クリーン清掃です。

地域を歩き回り、空き缶やゴミなどを拾ってきました。

田舎だからなのか?あまりゴミは落ちていません。

素晴らしい。

8時から9時過ぎまで行い、お寺に戻り、ご法事です。

ご法事を終えたら、14時頃から、東松山市の高坂地区にある

正法寺さんでイベントがあるので、そちらのお手伝いに

行ってきます。

正法寺さんの副ご住職をJCに誘って加入してもらいました。

私の後継ですね。

それから、西照寺のこども祭りに、副ご住職をお手伝いいただく

こととなり、それが機縁で、正法寺さんでもイベントやったら?

と提案。その流れからか?去年から12月に始まったのです。

観音フェス。

正法寺さんにある大イチョウの下で、音楽フェスを行います。

確か16時から入場。21時頃までやっているはず。

私はそのお手伝いに行ってきます。

今日も一日頑張ります。


お寺の仕事 (お寺を判断する一つの基準)


おはようございます。副住です。

お寺の仕事の続きです。

お寺には、本堂があります。

当然、本堂の掃除もしなくてはなりません。

西照寺の場合は、本堂に廊下、客殿に寺務所

トイレに住職・副住職の部屋、色々な部屋があり

広いですので、掃除も大変です。

西照寺の場合、屋内掃除は女性のKさんが務めてくださって

います。Kさんはテキパキしていて、仕事が本当に早い。

とても綺麗になります。また、笑顔が素敵な方なのです。

もちろん、私達も掃除したりましますが、Kさんが

中心となって進めてくださいます。

これもお寺の大事な仕事。

この他、過去帳や法名軸など、書道をしないといけません。

私は書道が大の苦手。とても下手なのです。

どうにかしなといけません。この業務は住職がしています。

また、お寺の住職たるもの、勉強をしないといけません。

こちらは、私の分野ですね。

私は大学3年生まで、勉強から逃げていたので、勉強は大の

苦手でした。でも克服しました。大事なのはやる気。

だから書道もやる気になれば、きっと上達するはず。

そろそろやらないと。

勉強は教学だけではなく、社会情報もネットで調べています。

時事問題なども大事なことです。

さらに、お墓の管理。こちらも大事です。

こちらは寺務の管轄です。

経年変化で、墓石がズレてきたりするお墓もあれば

(地震なども影響するのです)、植木が伸びっぱなし

のお墓もある。お墓は個人の所有(お墓が建ってる土地は違いま

す。土地の上にある墓石を含めたスペースが個人の所有)

となるので、各お墓の掃除まではお寺で管理できません。

お寺で管理する部分は共有部分なのです。

ですから、各お墓が酷くなっている場合は、写真を同封し、

お手紙を出して連絡したり、電話でお伝えしたりもします。

その他、書類の整理などもあります。会計も。

悩み相談もあります。結構ありますよ。

深刻なものから、軽い相談までたくさん。

その他、会議をしたり、今後のお寺について検討したり、

ブログで情報発信したり、やる事は多いですね。

お寺は公的な役割もあるので、私の妻は、

民生委員も務めています。

まだまだ書けていないこともあると思いますが、

普段からこんな生活をしているので、当たり前になってしまって

いて、あまり気にしたことがないので、詳細が綴れないのです。

ただ、一つ言えるのは、お寺は結構忙しい。本当です。

しかし、お寺ってあまり知られてないし、興味を持たれない

ので、イベントをしたり、外に開こうと考えたりします。

でも、普段が結構やることが多いし、そこにイベントなど

労力をかけることをするのには、覚悟も必要です。

イベントを多くしているお寺さんなどは、大したものです。

ご門徒さんの協力なくしてはできませんから。

そのような意味では、お寺の活発度によって、お寺と

ご門徒の距離が近いかどうかが見えてくるかもしれませんね。

ご門徒がお寺を支えてくださっているかどうか。

西照寺は、ご門徒が大きく支えてくださっているので、お寺の者

に時間ができるのです。その時間ができた余力で、違うことが出

来るのです。違うこととは、イベントを企画開催したり、

お寺がどうあるべきか?研鑽する研修に出向けたり、外部を知る

ことができたり、私の場合は、築地で勤めることに繋がったり、

このような事ができるのは、余力がある証拠です。

その余力とは、住職などがしていることを、代わってご門徒が

してくださっているからです。

そうして出来た余力を、他に費やせば、イベントを開催すること

が出来たり、他の活動が積極的に展開できるのですね。

ですから、お寺を判断する際の一つの基準として、

そのお寺が活動的であるかどうか?を見ることで、

ご門徒さんとお寺の距離が見えてくることもあるのではないか

と思います。

 


西照寺報恩講


こんにちは 副住です。

今日は西照寺の報恩講です。

13時半からお勤めがあります。

報恩講は親鸞聖人のご命日を機縁に

勤まる法要です。

浄土真宗では一番大事な法要となります。

築地本願寺では11月の11日の夜から16日まで

毎年勤められています。

ご本山の西本願寺では、1月9日から16日まで

毎年勤められます。

親鸞聖人のご命日は、建長2年11月28日です。

新暦にすると、1月16日になります。

それなので、ご本山の西本願寺では1月16日に

毎年勤められています。ただし、全国からお参り

いただくので、9日から16日までお勤めされている

のだろうと思います。

西照寺は、旧暦の11月28日に決めて、報恩講を勤めているの

です。


お寺の仕事


おはようございます。副住です。

昨日の続きです。

お寺には、ご法事などの宗教儀礼に関する依頼の

お電話が入ります。いつ電話が鳴るかもわかりません。

そこで、寺務員が必要となります。

然程、電話が鳴らないのでは?と一般の人は思われる

かもしれませんが、ちょこちょこと鳴るのです。

というのも、電話だと、ご法事など宗教儀礼だけの問い合わせ

とも限りません。

業者さんからの宣伝(かなり多い)の電話。

お墓に関する問い合わせの電話。

ご門徒さんからの相談の電話。

お寺に関係する各業者さんからの問い合わせ。

斎場に関する問い合わせの電話。

などなど、宗教儀礼以外にも、多岐にわたり

電話が鳴ります。

多い時は、一日数十件も電話がなります。

少ない日でも、十数件は鳴ると思います。

ですから、そちらの対応として、西照寺では

寺務員さんが必要となるのですね。

寺務員さんがいてくださるので、私などは

その業務を任せることができます。

また、寺務員さんとは別に、お寺の境内の維持管理も

お寺の重要な仕事です。

これまで(もう2年以上前になるかな?)、住職や私が

たびたび、屋外の掃除などをしてきました。

西照寺は境内が広いので、大変なんです。

ゴミ入れの手入れや参道の掃き掃除。

草抜きや貯水槽の清掃など。

数年前からご門徒のHさんが、西照寺を助けてくださるように

なりました。まさに、西照寺のスーパーマン。

今では、ご門徒Hさん親子が、西照寺の境内整備部門の

トップとして、助けてくださっています。

近年の西照寺は、稀に見る超キレイ。

皆さんに見てもらいたいです。

お参りに来て下さる方々や、レンタル墓で取材された

時なんかは、ディレクターさんから、とても綺麗にされてます

ね!と言われます。私のお墓のある霊園なんて、こんな綺麗に

行き届いてません!と言ってもらったこともあります。

私が言うのも変ですが、本当にキレイなんです。

Hさんのおかげ。

私達がやっていた時はなんだったんだ?と思うほどです。

というわけで、近年は境内管理美化は、Hさんが担ってください

ます。

また、永代墓(一般的には永代供養墓と呼ばれる)の整備は

こちらも、ご門徒HRさんが担ってくださっています。

境内整備のHさんとは別の方です。この方もHさんなので、

分かりづらいから、HRさんとしました。

HRさんは、もう6年ほど前から、永代墓の整備を担ってくださっ

ています。永代墓の内部は、HRさんの整備によって、仏様の世界

が表現された空間となっています。

これらの仕事もお寺の大事な活動となっています。

今は、ご門徒さんにお任せすることで、成り立っているのです。

この他にも、まだあります。続きは明日

 


埼玉・東松山/浄土真宗・西照寺のブログです