お寺を継ぐ・・・副住職の決心


おはようございます。副住です。

連日の連載です。

大学と大学院の夏休みは長期で、8月9月と丸2か月休みなのです。

きっと社会に出るために、色々な経験をするようにできているのでしょうが。

私は修士1年の夏、友人と3人で勉強合宿をすることにしました。

2週間ほど、人里離れた施設で泊まり込み、本を持ち込み一日中勉強です。

そこで、私は仏教の基本(般若思想)をようやく頭で理解できる(正確に言えば、理解を超えることを理解する)こととなるのです。

まさに「覚醒」という言葉が相応しい、「あー、そーだったのか!!!」という状態です。

ただし、これはまだ頭での、知的レベルでの話です。

だけど、知的レベルにおいてでも、とてつもないことなのです。

仏教の教えって、本当だ!!! 真実じゃん!!! という状態。

これは知った人しか、わからない衝撃というか、気づきというか。そんな凄いことなのです。

それが明らかになったことで、これまで1年半勉強してきた表面上の知識も繋がってくるのです。

そうか! そういうことを言っていたのか!!!  仏教ってそうだったのか、親鸞聖人が残した教えは、そういうことか!!!!!!

こんな感じです。

ここまでくると、お寺を継ぎたいとか継ぎたくないとか、そんな問題意識はどーでもよくなります。

いわゆる、本当のこと 真実 それを知的レベルででも理解したら、そこから離れられないのです。

つまり、仏教が自分の生き方となってしまうわけです。

そこからは、私の場合、継げるお寺がすでにあったので、すんなりと継ぐ気持ちとなったわけです。

ですから、修士1年目の秋頃には、そのような状態になっていたわけです。
(明日は、そこからさらに一歩展開があるので、そちらを綴ります)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*