死後の世界?


おはようございます。副住です。

こんな記事がありました。

ちょっと気になる表現もありますが、全体的に

そりゃそうだわな。と思う部分も大きくあります。

お時間あれば、読んでみられても興味深いかも。

死後の世界?

過去に『プルーフ・オブ・ヘブン』という書物を、このブログで

紹介しました(プルーフ・オブ・ヘブンで検索)が、それとも

通じる内容(臨死体験の内容)でした。

この記事の中では、「死んだら霊魂が別次元の意識世界に行く」

とありましたが、ここの捉え方が様々あるように思います。

理由は、我々の世界とは別次元の世界のことですから、

当然私達の世界で、そのことを語ることは無理なのです。

だから、死後のことはわからない。となるわけです。

当然、霊魂だって、私達の世界と次元が異なる意識世界だって、

私達の世界では語り得ないことなのです。

だって、私達の世界とは次元が異なる段階だから。

(もしかしたら、私達の世界と次の世界への移行段階に

臨死体験などがあるのかもしれないですね。)

当然、今後も科学的に証明できない(科学はこちらの世界の次

元だから)分野です。

その別次元の世界は、私達の使う「ことば」によっても表現など

ができない。当然ですね。

唯一、この世界の次元だけれど、あっちの世界のことに少しだけ

踏み込んでいるものが、宗教なのです。私はその意味で、宗教は

哲学とも違うと思っています。

この別次元の世界を、私達の世界で無理やり表現しようとすると

ある人は、それを霊魂と表現したり、ある人は、無我と表現する

場合もでてくるのだろうと思うわけです。

ただし、大事なことは霊魂と言っても、そこには固定的実体

がないということ。つまり、私達の世界のように、色や形が

ある世界ではないのです。

だからたぶん、「意識世界」と表現されているのでしょうね。

ただし、この意識世界も私達の考える意識世界とは次元が異なる

のです。もっと、大きな素晴らしい意識世界と表現してもいいの

でしょう。より専門的に言えば、仏の智慧の世界でしょうか。

一番興味深いことは、臨死体験された方の共通概念として

その後、死が怖くなくなる・・・ということ。

死の世界は、それほど悪くないのかもしれない。と言われている

こと。

臨死体験された方は、死後の世界を「大いなる光」と表現されて

いること。

また、あの世は現世と隔絶されていないと思われるなど。

(隔絶されたら当然ダメでしょ。

だから、還相回向が味わい深いですね)

興味深い点が満載ですね。

 

 

 

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*